イングリッシュキャンプには様々なメリットがたくさんある

イングリッシュキャンプってどんなプログラム?

イングリッシュキャンプは主に小学校から高校くらいまでの学生を対象とした英語研修プログラムです。ネイティブスピーカーによる英語レッスンや共同生活による異文化体験などの学習を通して、聞く、話すといった英語の力だけでなく、コミュニケーション力の向上も期待できます。多くのイングリッシュキャンプは夏休みや春休みなどのまとまった休み中に開催され、プログラムもそれぞれの学生の興味や関心に応じて申し込めるようになっています。
イングリッシュキャンプは日本各地で開催されており、地方自治体の開催するプログラムやインターナショナルスクールや英会話スクールなどが募集しているプログラムなどの多彩な内容となっています。
全ての会話が英語で行われるため、英語を使ったコミュニケーションを通して言語感覚が向上したという感想を持つ学生が多くいます。また、保護者からは子どもの協調性や社交性も養えるといった点も高い評価につながっています。

イングリッシュキャンプってどんなことが期待できる?

英語はできるのにコミュニケーションができない、留学をさせたいけれども一人では心配、日本に住んでいると英語を習っても使う機会がない、という場合にはイングリッシュキャンプはおすすめです。イングリッシュキャンプは原則として日本語禁止で、ネイティブの講師に囲まれて英語の環境で過ごすことができるため、日本国内にいながら短期海外留学と同様の効果が期待できる学習プログラムといえます。
初めは不安でいっぱいになりながら参加した人の中には、英語のレッスンや共同生活などを通じて、聞き取れる英語が確実に増えた。自分から話すことができるようになった。という人も多くいます。また、参加者様同士で自然に仲良くなって、また一緒にイングリッシュキャンプにリピーター参加する人もいます。
イングリッシュキャンプに参加することで、英語で自然なコミュニケーション活動を行うことができます。そのため、自然な形で英語を習得できるということがキャンプ参加の最大のメリットといえます。

イングリッシュキャンプにはどんなプログラムがあるの?

現在、日本では様々なイングリッシュキャンププログラムが開催されています。例えば、Steven’s Stableのイングリッシュ・キッズ・キャンプキャンプは札幌駅から車で約20分にあり、大自然の中で馬とゆっくりと過ごすことができるユニークなプログラムです。札幌の自然の中で、英語だけで過ごすサマーキャンプやウィンターキャンプなどはとても人気があって、生きた英語をしっかりと学ぶことができます。
また、東京の下町にあるOIC English Schoolの開催するOH I SEEウインターキャンプは、定期的にレッスンに通うのは難しいけども短期間ならば大丈夫という学生や、冬休みを有意義に満喫したい学生にピッタリのキャンプです。
ウインターキャンプは3日間の日程で群馬県内で開催されます。英語学習だけでなく様々なアクティビティを通じて楽しくわくわくするような感動体験ができます。一般の方でも参加でき、8月に同じ場所でサマーキャンプも開催されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする