サマーキャンプでとことん英語を学んでみよう!

サマーキャンプでとことん英語を学ぶ

英語学習には集中が大切!

英語に限らず、何かを学ぶときには集中して学習することがとっても重要です。

集中できる環境の中で英語を学ぶことの重要性は専門家も認めています。

英語であれば、英語圏の国に行って生活するのが一番ですが、誰もができるわけではありません。このサマーキャンプでは、朝から晩まで英語漬けの環境で過ごすことができます。

無理して外国に行かなくても、英語の学習に集中できる環境が手に入ります。

特に子供の場合は、なにかと気が散りやすいものです。ですから、サマーキャンプという非日常生活に入ることによって、集中度は自然にぐっと高まります。

頭が柔軟なときにこういった環境を経験するのも英語学習にとってプラスになります。

さらに、このサマーキャンプはプロの先生が作り出したプログラムなので、生徒にとっても学びやすい内容になっているのがいいところです。調布のスイミングのプログラムなどを取材してそのように感じました。

画一的でなく個性豊かな先生が高いプロ意識で指導してくれるので、子供たちも楽しく真剣に学ぶことができるのだと思います。特にインターナショナルな視点からプログラムが考えられているのも大きな特長です。

こんな先生と一緒に学ぶことができると、英語の勉強もとても楽しいものになると感じました。

サマーキャンプの内容とは?

子供というのは飽きっぽい生き物です。

ですから、プログラムも子供が飽きないような工夫が随所に設定されています。

一番大切なコンセプトは、遊び感覚で英語を学んでいる、ということです。

英語がまったくわからない子供でも、楽しく学習できるようなプログラムになっているのがすごいところです。

学ぶ時間についても、小学1年生までは毎日1時間、2年生以上だと毎日2時間といった風に、年齢に応じて設定されています。

さらに六本木では、音楽、体育、テーマ別といった様々な種類のクラス設定がされています。昨年度のテーマは、恐竜と形、昆虫と蝶、農場といったものでした。

また、調布では、スイミング、クラフト、ローラースケート、コンピューター、グループワーク、クッキング、マジックなど、子供が興味を自然と持つようなテーマが選ばれています。

これだけたくさんのテーマが準備されていると、子供から見ても自然と自分の好きなものに取り組めることになります。「好きこそ物の上手なれ」といいますが、このあたりに楽しめながら自然と英語の力が身につく秘密がありそうですね。

そして、周りの友達と一緒に取り組むことによって、精神的にも強くなります。

それは、どんな子供でも活躍できるチャンスが準備されているからです。

単なる勉強として英語をとらえるのではなく、コミュニケーションの中から英語を身に付けてく、そんなことが自然に学べる環境になっています。

毎日遊ぶような感覚で、知らぬうちに英語が身に着いていくという仕組みになっているのでしょう。これはとてもすごいところですね。

老舗インターナショナルスクールが主催するサマーキャンプはASIJだけです

ここまでサマーキャンプの内容についてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。長い歴史があるASIJのサマーキャンプですが、イベント企画会社がインターの建物を借りて商売するサマーキャンプとは一味違います。

プログラムの内容や指導する先生達の情熱もさることながら、ASIJのサマーキャンプの背景には、子供たちへの教育に対する確固とした信念が感じられます。

これからの時代に、グローバルに活躍できる人材を育てたい、そんな意気込みがあるのでしょう。

ここまで取材を続けてきて、さすが老舗のサマーキャンプだと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。