第二外国語として英語を勉強するための勉強法

英語の上達の効果的な学習方法

英語の上達の効果的な学習方法について知ろう

英語の勉強法はちょっとしたコツというのを理解すれば、誰でも短期間で英語の力を大幅にアップさせることができるといわれています。そこで、3ヶ月で英語が上達して話せる勉強法を紹介します。この方法は留学や英会話スクール通いがなくてもよい方法なのです。実践する順番が重要ともいわれていますが、既に留学や英会話スクールに通った経験がある場合には、フレキシブルに理解した方が簡単かもしれませんので、どちらからでも納得しやすい方法で、上手に組み合わせながら学習を進めると、最も効率的に学習が進められるといえます。そこで、英語の勉強法についてフレキシブルな点も含めて紹介したいと思います。

英語の勉強方法のちょっとしたコツについて

英語がペラペラになるためにはいくつか方法があって、人それぞれといえます。その中の一つとして、まず、リーディング力を鍛えてからリスニング力を鍛えるという方法があります。また、好きなことを英語を通じて勉強するのもとても効果的です。英単語や文法の知識をしっかり知っておくことが結果的には効率がよいという場合もあります。どんな方法でも、自身に合った方法で学習することが上達への一番の近道といえます。
そして、具体的なテクニックよりも、英語に対する考え方の方がもっと大切で、英語に対するマインドセットをもつことがある意味最も大切なことなのかもしれません。このような流れや考え方に基づいて行動することで、英語コミュニケーション能力の育成環境が整って、そのことが英語力を飛躍的向上させることにつながるといえます。間違いを恐れず、積極的に行動し、そして、続けるということが大切なのです。

続ける、を最優先にするためにハードルを低くする

英語の勉強では何かの結果を得るために続けることが必要です。これはダイエットとも共通するといえます。英語に常に触れている環境を作り、インプットとアウトプットを続けるという気持ちをもつことが重要なのです。無理な計画は立てるのではなく、できるだけハードルを低くすることが継続の最大のコツなのです。絶対にできると思える内容を、ノルマとして掲げましょう。テキストを決めたページ分読む、英語で1行日記をつける、英語ニュースを1本聴く、ちょっとしたことでいいのです。
途中で投げ出さず、毎日、英語に触れることを一番の目標に掲げるということをしてみましょう。
そして、目標達成のための自分へのご褒美を用意しましょう。できたときの自分に対するごほうびです。何日かつづけたら美味しいランチを食べるといった簡単なものでいいのです。楽しんでやれて、ちょっと頑張れば達成できる目標にしておきましょう。

慣れてきたらハードルを高くしていこう

これらのことがある程度継続できたら、今度はその目標では物足りないという思いをもつのではないでしょうか。そこで、少しずつハードルを高くしていきましょう。その時に量・レベル・時間というポイントを意識するといいといえます。例えば先程の例だと、読むページ数を無理のないように増やしたり、もう少し難易度の高い問題集を進める、より長い英語を聴くといったように、ちょっとずつレベルアップしていき、続けていきましょう。
ながら勉強もおすすめです。他のことをしつつ英語に触れる時間も作るということです。たとえば通勤・通学移動中の時間の活用です。その時間を、英語に触れる時間と先に決めてしまいましょう。しばらくそうしていると、移動のときは英語の時間という習慣化が図れます。この方法は効果絶大です。もし、車の移動なので運転がという人は、カーステなどを使って学習するのがおすすめです。食事の時間も活用してみましょう。昼休みの時間は英語漬けといったようにすると習慣化が図れます。これもテクニックの一つです。他にも、お風呂の時間や寝る前の時間、エクササイズの時間など、自分に合うパターンをみつけましょう。

わくわくするものを対象にして実践してみる

わくわくするものを対象にして実践してみるというやり方もおすすめです。英語という道具で、自身の知りたかった新しい知識を身につけ、これをゲーム感覚で楽しむという考え方です。本来、学びは楽しくてわくわくするものなのです。
なぜか外国のことになると、日本語と違って焦りがでたりするといえますが、英語がわからないので、まずは英語を勉強しなければと思うのではなく、英語で勉強すればいいのです。この感覚がけっこう大切なのです。
英語は興味のある内容を知るための単なる手段にすぎないと思うことで、英語の勉強は目的ではなく手段だと位置づけることになります。ただし、ある程度の道具の使い方は覚える必要がありますが、ある程度道具が使えるようになってくれば、あとは練習するだけです。
その時に、自分の興味のある分野の英文を読めば自然と練習ができます。読んでいてわくわくする文章を大量に読み進めていくうちに、リーディング力は大幅に向上していくことでしょう。まずは、自分の趣味の雑誌や専門書などを読んでみるといいといえます。

英語がペラペラと人間力について

英語がペラペラというのはどんな状況のことなのでしょうか?英語がペラペラといわれる人は、英語で自分の考えなどを表現するのを恐れていないということです。間違うこともありますが、気にしません。その場その場で訂正していけばよいことがわかっているのです。つまり、コミュニケーションの成立が最も大切だと知っているのです。
そして、もし英語がペラペラなのですごい、といわれるぐらいになったら、英語科の教員でもない限り、ペラぐらいですよと軽く流しましょう。
また、大切なことは英語力でなくて人間力です。英語という言語能力を高めながら、新しい価値観を取り入れる過程こそが大切なのです。大きな視野をもつことが、人間力を高めることにつながるのです。英語でコミュニケーションができれば、地球の約半分の人たちとコミュニケーションできるのです。そのことが視野の大きさに影響を与えるのです。

気軽に英語を楽しみながら学習しましょう

英語の文章を英語のまま理解する感覚が大切だという、リーディングに重点を置いて学ぶ場合は、少し簡単すぎて物足りないぐらいの文章を大量に読みながら、できるだけ速く読む訓練をしてみましょう。
何を学ぶのにも基礎トレーニングと数が重要です。特に、最初の頃は質より量を重視する方法がおすすめだと考えられています。これは、日本語に変換していかなくてもいいので英語独特の書き言葉のリズムを自然に身につけるためです。
英語の文章は日本語とは異なった順序で名詞や動詞が出てきますので、この順番でスッと頭に入ってくるようになってきます。読むことを活用して英語脳を育てるのです。日本語の文章を読むときに自然とやっていることを英語で行うのです。単語の意味が少々分からなくても、文脈から言葉の意味が補完できるようになるまで読みを進めていくといいといえます。
先にリーディングからトレーニングしていきますので、リスニング力を鍛えるのはリーディング力を鍛えてからでよいといえます。読みから学習を進めていく場合には、ある程度の文章を素早く読めるようになってからリスニングをトレーニングしていく方法が効果的です。
ただ、リスニングが苦手な場合に、リスニング対策から入るのはおすすめではないといえます。現在のところ、日本にいる英語の達人は、リーディング力をつけてからリスニング力を鍛えた人がかなり多くいます。また、海外にいる英語の達人はリスニングから入った人も多くいます。
先にリーディングから学習を進める方法ですが、学習する人によってはリスニングから入ったほうが楽、という人もいるでしょう。また、リーディングから入ってもリスニングを組み合わせた方が学習効率が高くなる場合もあります。そのため、近くにネイティブがいれば、いろいろ話しながら学習を進めるのもおすすめです。
リーディングで語彙力をつけたり、わからない単語の意味を文脈から類推する力を高めておく必要があります。フォニックスの知識がある場合だと英語は聞き取ることができ、スペリングもある程度分かるようになるといわれています。しかし、その単語の意味を知っているかどうかということとは別の問題だというような位置づけがなされています。
第二外国語として学習する場合には、ある程度の語彙力をつけておかないと、最も重要な単語の意味は分からないままという状態になると解釈されています。そのため、総合的な理解力を高めるためには、先にリーディング力を先に高めておくことも大切だと考えられています。
ちなみに、第二外国語として学ぶか第一言語として英語を学ぶかという違いは、受ける学校教育にあります。そのため、リスニング能力を高める前には、しっかりとリーディング能力を上げておくことがポイントとも考えられています。

中学英語レベルの英単語とその組合せを完璧に

中学校で習う英単語だけで、外国人との英会話では不自由しないといわれます。中学では1800から2000語の単語を学ぶといわれていますが、マスターしておくべき英単語数はわずか 800ぐらいといわれます。
いいたい内容を基本的な単語だけで表現できるようになることが、英語によるコミュニケーションで重要とよくいわれます。会話をするにはその基本的な単語の組み合わせが大切なのです。そして、それを高校、大学と学習していくのです。それゆえ中学校の英語が基礎だといわれているのです。英語に堪能な人ほど、基本単語を使いこなしていると言えるのです。
これらのことは現在学校教育で行われています。ですので、誰でも英語が上達する可能性があるのです。勉強法はちょっとしたコツというのは「続ける」ということだといえるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする