家族で英会話をマスターしたいなら親子留学がおすすめ

家族で英会話をマスター

親子留学は英語漬けの毎日で刺激的な環境がベスト

ビジネスの世界でもグローバル化という言葉が叫ばれるようになってきました。
その動きの中で、若い世代の人々は、英会話を気軽に話せる人が結構増えてきています。
ビジネスだけでなく身近な生活の中でも、海外の人々が普通のように歩いていたり、旅行に訪れていたりと、英語を耳にする機会も少なくないのではないでしょうか。
このように英会話は特別なことでなく、普段のコミニュケーションとして使うことがあたり前の時代になってくることでしょう。

英会話をコミニュケーションとして使うことがあたり前の時代
しかし、英会話をマスターするにはそれなりとレッスンが必要な事も事実です。
昔から、英会話をマスターするためにはネイティブな英会話に触れる機会を多く作ることだと言われてきました。
考える・聴く・話すことを全て英語の環境下で行うことで上達度が上がってくると思われるのです。

考える・聴く・話すことを全て英語の環境

手段として挙げられるのが留学です。

手段として挙げられるのが留学です。

夏休みや冬休みのまとまった休みを利用しての留学。
或いは年間を通しての留学。
色々な方法があります。
この留学の中でも、最近、人気を呼んでいるのか、親子留学です。
親子留学の良い点は、なんと言っても親子揃って英語漬けの環境に身を置けることです。

親子揃って英語漬けの環境
子供だけなら不安でも親と一緒に行くことで気持ちもリラックスしながらの英会話生活です。
しかも、単なる勉強だけでなく現地の生活習慣に合わせた生活をすることにもなりますので、ただ話すだけというものではありません。
現地の人と一緒に活動して生活を送りながらの英会話生活なので、身体と頭を使いながら経験的な英会話をマスターすることができるはずです。
最近、教育業界の大手のベネッセが親子留学のメニューを打ち出しました。
このメニューは英会話をマスターするだけで鳴く現地の生活習慣になれることや英語で考えるという現地の人々として生活できるような実践的な留学プログラムになってきます。
まず、子供は学校に通うのではなくデイケアセンターに行きます。
この中で、現地の人がどのようなことを考えながら、人と接しているのか、そんな事を英語で会話しながら、英語で考えながらと実体験を通して英会話をマスターしていくのです。
親の方は完全に実践的な英会話スクールに通うことになります。
日本語を聞く機会はまったくありません。
全てを英語で話すことで徹底的に会話をマスターしていくのです。
それでも、現地の人とコミニュケーションが取れるようになると、非常にうれしいものです。
これらの体験を通して、グローバル感覚を養うことができるのです。

プログラムの気になるところは、やはり費用
このようなプログラムの気になるところは、やはり費用です。
メニューによって金額は変わってきますが、親子二人で70万円〜100万円以上と割高感を感じることと思います。
普通の海外旅行に比べれば確かに金額が高くなることは事実です。
しかし、目的は英会話ますマスターのための留学で、現地での生活を考えると決して高く感じないことに気づくことでしょう。
一方で親子留学を取扱うメニューによっても費用の内訳が異なる場合もあります。
飛行機代が費用とは別になるということもなりますので、留学を考える時に、十分に調べておく必要があります。
最近の親子留学の傾向を見ると、夫婦共働きのお母さんとお子さん二人の留学が増えてきます。
グローバル化という動きの中で、ビジネス世界には身を投じているお母さんが英会話の必要性を身を持って感じて、自分とお子さんと一緒に勉強ために留学するのです。

まとめて有休を取得しての親子留学
1、2週間、まとめて有休を取得しての親子留学です。
お子さんとの楽しい旅行気分に浸りながら、実践的な英会話の環境の中で、素晴らしい体験と思い出を作りながら、英会話をマスターしていくとになります。
英会話を勉強するためにインターネットを使う教室も盛んに行われており利用者は増加傾向にあります。
手軽さを取るのであれば、それでも構わないのですが、やはり身体を染みこむような体験は親子留学が1番だと思うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。