注目されてきているフォニックスのルールと効果

子どもから大人まで英語学習に効果的なフォニックス

日本人にとって英語を学ぶ上で難しいのが発音です。日本語とは発音のルールが違うので文字として認識できても通じるように話すのは大変です。日本語は五十音を覚えて発音すればひらがなの単語や文章を読むことができますが、英語で「ABC」を「エービーシー」と覚えても単語を読むことはできません。では、英語を読むためには何が必要なのでしょう?
英語圏の子どもたちが文字を書き始める時期に学んでいるのが「フォニックス」という「文字」と「音」との結びつきのルールです。ルールを学ぶことで初めて見る単語も読めるようになるのです。
日本でも子どもの英語教育として注目度が高まってきましたが、子どもだけではなく大人にとってもフォニックスを学ぶことは英語学習をする上で効果があります。フォニックスを覚えると振り仮名やカタカナ表記に頼らなくても正しい発音で英単語が読めるようになるのです。

フォニックスのルール

フォニックスのルールを日本語と比較しながら見てましょう。日本語は文字の名前と読み方が同じです。「あ」は「あ」と読みます。一方、英語のアルファベットは「A」を「エー」とは読みません。26文字それぞれにアルファベット読みとは別に「音」が決められています。
例えば「box」はアルファベットでは「ビー・オー・エックス」です。これをフォニックスルールで読むと、「b=ブッ」「o=オ」「x=クス」となり「ブッ・オ・クス」となります。これをつなげて素早く読むと「ブォックス」と発音されます。
日本語は文字の名前と音が同じですが、英語の場合は文字の名前(アルファベット)と音では読み方が違います。そこで、英語の単語や文章を読むためには、文字の「名前」だけでなく「音」も理解しなければなりません。逆に言えば、音を理解しておけば英語は読めるようになるということです。この英語の名前と音の関係をルール化したものがフォニックスです。最近では幼児用の英語教室に貼ってある英語のポスターなどにもアルファベットの名前とともに「音」も書かれているものを見かけます。
フォニックスには、文字のルールだけではなく、前後に来る文字や組み合わせによって音が変わるなど多くのルールがあるので、単純にその文字の音を覚えるだけでは不十分な面もありますがルールを覚えて組み合わせることによって、単語が読めるようになっていきます。

フォニックスを覚えるメリット

フォニックスを学ぶ一番のメリットは、カタカナ読みからの脱却です。英語が苦手な人は「cake」を「ケーキ」のようについカタカナ読みしてしまいます。この読み方を直さないと英語圏では通じません。フォニックスを覚えることで、単語を英語の音で覚えられるようになり、通じる英語が話せるようになります。
フォニックスのルールを覚えると英語を読めるようになるだけではなく、様々なメリットがあります。正しい発音で話すことにより英語の発音に耳が慣れるため、聞き取りも上達します。英語には日本語では発音されない音があるため、脳は聞きなれない音を無意識に雑音として処理してしまい、結果として英語圏の人が話す英語を聞き取れないと言うことになります。ところが、英語の発音を練習する中で、自分でしっかり発音することにより、はっきりと聞き取れるようなってきます。
また、読むのとは逆に発音を聞いて文字を推測できるようになるため、耳で聞いてどの単語なのかわかるようになります。英語の音を正しく聞き取ったり、正しく発音できるようになると、丸暗記することなく英語を読んだり書けたりするようになるため、もっと英語を読みたい!書きたい!という意欲につながり英語学習へのモチベーションをアップさせることにつながります。

大人の英語学習にも役立つフォニックス

フォニックスは子どもの英語学習だけでなく、ある程度英語を学習した大人にとっても役立つ効果があります。
大人になってしまうと耳で聞いた英語の音を今まで自分が聞いた音と照らし合わせて、似た音にあてはめて理解してしまいます。その結果、自分では聞き取れたり、話せたりしているつもりでも実際には正しい英語ではないことがあります。
また、日本人は英語の「A、L、R、B、P、F、V、th」などの発音が苦手だといわれていますが、そのような、日本人が苦手とする発音を直すのにも効果があるため、フォニックスは大人の英語学習の際も注目されています。
やみくもに英語を聞き流す学習法と違って、段階ごとにしっかりと理解しながらステップアップしていけるので自分でも上達してきたという自覚が得られ、それが「もっと英語補学習したい!」いう気持ちへとつながっていきます。正しい発音が身につくことで、人前で英語を話すことに対する苦手意識がなくなりそれがさらなるステップアップにつながっていきます。
フォニックスを学ぶのには遅すぎるということはありません。英語に対して苦手意識を持っている人にこそ試して欲しい方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする