親子留学についての説明と理解しておいて欲しい点

親子留学についての説明

親子留学のスタイルと過ごし方についての紹介

ここでのテーマは小学生での海外留学親子留学についてです。

現代社会はグローバル化が進んでいますが、子供の頃から英語や外国の文化に触れて欲しいと思っている親が増えてきています。

ですがまだ小学生の子供を1人で海外に留学させるというのは、とてもじゃないけど現実的ではありません。

それに自分自身も若い頃は海外留学をしてみたかったという人も存在するので、そんな人は子供と一緒に海外留学の夢を叶えるのも1つの方法だということが出来ます。

なので親子で共に海外留学をするという親子留学というのは今の時代に適していますし、多くの人の関心を集めている留学スタイルということが出来るでしょう。

親子留学についての説明

親子留学というのは夏休みといった長期休暇を上手に活用することで短期留学をするケースと、海外の学校に正規留学をするといった長期留学に大別することが出来ます。

さらに長期留学を行う前の下見の為に短期留学をしてみるといったケースもあると言えます。

子供の海外留学がメインでそれに親も付き添う場合と、親がメインの留学に子供が付いていくといったケースに分けることが出来ます。

親が英会話が得意なら手続きを自分で行うことが可能ですが、そうでない場合は海外留学のエージェントが存在し、その中には親子留学を専門的に取り扱っているエージェントもいるくらいです。

短期親子留学についての説明

短期親子留学についての説明

子供の留学先としては語学学校のサマースクールに申し込むか、現地の学校に通うといったケースが考えられます。

アメリカにおいては夏休みにサマーキャンプがあり、そのサマーキャンプには世界各国の学生が参加することが出来るモノも多いのです。

さらに長期の留学を考慮しているのなら現地の学校に留学する為の体験をすることも出来ます。

ただし現地の学校に留学する場合は国もしくは学校により異なりますが中には3週間以上は滞在するといった規定がある場合もあります。

留学先として人気が高いのはハワイをはじめとしたアメリカとイギリスさらにカナダです。

これらの国は日本とさほど物価水準が違わないので、留学コストが高くなってしまいます。

同じ英語圏の国の中で留学コストを下げる為には豊かな自然があるオーストラリア、ニューランドといった選択も出来ます。

さらにフィリピンやマレーシアあとはフィジーなどはかなり安価に留学する事が可能なので最近人気が高くなってきています。

宿泊する場所としてはコンドミニアム、ホテルか、ホームステイといった方法がありコンドミニアム、ホテルならマイペースに生活することが可能です。

宿泊する場所としてはコンドミニアム

それにコンドミニアムの場合は台所があるので自炊をすることが出来るのもコスト削減に役立ちます。ホームステイの場合はその国の一般家庭に滞在する形になります。

なので日常生活に触れることが出来ますし生きた英語を学べます。

他にも子供の教育に対する方針も知ることが出来ます。

ですがホストファミリーがどんな人かによって居心地がかなり左右されますし、自分のペースで動くことが出来ない不便さもあると言えます。

語学学校の中には寮がある学校もありますが親子、家族単位なら問題ありませんが、相部屋といったケースがあるので安全性を重視して相部屋は止めておいた方が無難です。

留学の際の親の過ごし方について

留学の際の親の過ごし方について

子供がメインの親子留学の場合は子供は語学学校に通います。

そしてその間親は自分も語学学校に通学するか単独で観光、ショッピングをするかといった選択肢があります。

親がメインの留学なら子供が小学生以下の場合はチャイルドケアセンターにお願いするか、プリスクールと呼ばれる幼稚園に通園するといった方法があります。

さらに親子で一緒に語学教師宅の家にホームステイをして英語を学ぶといった方法もあると言えます。

国により選択肢は違ってくるのでエージェントとしっかり相談をしてから自分に最適の方法を手配してもらうようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。