我が子に英語を身につけさせようと思ったらすべきこと

環境が人をつくる!身近なところからレッツイングリッシュ

読者の皆様の中で、お子様がいらっしゃる方、もしくはもうすぐ赤ちゃんが生まれるという方、子育ての不安もあるでしょうか、どういった教育を行うかということも気にしていらっしゃることと思います。
幼少期の教育で大切なことの一つに英語は間違いなくあげられるでしょう。
今回お伝えしたいのは、我が子が英語を身につけるために親がするべきことです。
英語に限らず、ピアノでも水泳でも、まずは子ども自身が「楽しい」「もっと上達したい」と思ってもらわなければなりません。

「好きこそものの上手なれ」やらされている状態では、上達は見込めません。

英語は語学ですから、使ってなんぼの世界です。
日本で暮らしているうちは、外国人と接する機会なんて、道を尋ねられた時くらいのものです。
意識的に英語で喋らなければ、すぐに忘れてしまうのです。
最初から上手にやろうなんて、考えなくていので、つたない英語でもちょっとした遊び感覚で子どもが英語にふれる時間を増やすことが、英会話習得の一番の近道と言えるでしょう。
スピートラーニングなど、聞き流すだけで英語を学ぶことができるなんてものも存在します。
それだけで、本当に英語が身につくとは信じがたいですが、英語に携わるという意味では、あながち悪い方法ではないと思われます。
ですから下手くそでもいいんです。ちょっとした遊びのつもりで、子どもと英語で遊ぶ時間をつくることが、英会話習得の近道なんです。
耳に入ったことは、分からなくても、どんな話題なのか、考えてみたくなるものです。
そうしたきっかけづくりになるのはとても大事なことです。
あくまでこれは最初だけの話です。この段階を筆者は「カミカゼイングリッシュ」と名付けました。
カミカゼイングリッシュは頭の中で、聞こえた英語をカタカナに変換して、意味を想像しおそらくこの返答でいいだろうという単語を組み立てて、イントネーションをそれっぽくして口から出してみる方法です。

ひょっとしてこう言いたいの的なことを言ったくれるので返事をしているうちに意思の伝達ができるわけです。

毎度この環境に置かれていると、このカミカゼがだんだん頭の中で簡略化されていくんです。
つまり、わざわざカタカナに変換したりということが煩わしくなって、考えなくても、英語を直接発することができるようになります。
カミカゼでも何でも大丈夫です。テレビやCD等一方的に流れてくる英語を聴くだけではだめですが、相手がいて表情を見ながら、「これを使えたい」と思ってとにかく話す。
この回数を増やすことがひとつのポイントになってきます。
子どもの場合は純粋さもあって、親が興味を持ってやっていることは、自分も素直にやってみたくなるものです。

日本ではまず聞くことがない話だと思いますが、「こちらで育ったお子さんが日本語を忘れてしまって困っている」という話は日常茶飯事です。
帰国が近づいてくると、年齢に応じた「日本語補習校」に通わせたりもするのです。
なかには英語に慣れすぎて、日本語が出てこなくなった子もいます。
お子さんは日本で生まれて3歳でこちらにやってきて、最初は全く英語が分からなかったそうです。

お母さんは高校生の時までアメリカと日本を行ったり来たりしながら育った方で、どちらかといえば英語で話す方が楽なようです。
ですからアメリカに来てからは、ついついおうちの中でもお子さんとは英語で話してしまい、オールデイのプレスクールも当然英語なので、日本語を使う機会がないということで悩んでらっしゃったのです。

帰国中の2週間は一時保育を利用して近所の保育園に通っていたといいます。
お母さんとしてはご自分の経験もあり、英語を話せることをやっかまれたりいじめられたりしないかドキドキしていたそうです。
相当英語っぽいイントネーションだったそうですが、周りの子につられて、だんだん日本語が復活していったようです。
走していくうち、普段「マミー」と呼んでいたのが自然と「お母さん」というのを聞いて涙が出たとか・・・
こうした例に見られるように小さい子はなんでも習得が早いので、なにか覚えさせようと言うなら、早め早めに行動あるのみです。
子どもは親の背中を見て育つとはよく言ったもので、私たちが知らないところで、子どもたちは私たちの言動をよく見ています。
私たちが英語を楽しんでいる姿を見せることができれば、子どもも自然と興味をいだいて、話し始めてくれるのではないでしょうか。
英語なんてやったことないし、自分の子どもに英語を覚えさせたいと言うのに、そんな甘えたことを言っている場合ではありません。
子供向けの英語番組でも、絵本でも、なんでも結構です。お子さんの頭が柔らかいうちに、なんでも吸収できる幼いあいだに、一緒になって英会話に取り組んでいくことが大切です。
環境が習慣を変えるという言葉もありますが、別に海外に住もう!とは言いませんので、家族一丸となって、環境づくりに備えてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする