アメリカン・イン・ジャパンのサマースクール

アメリカンサマーキャンプの内容

アメリカンサマーキャンプの内容と意義について

誰でも参加OKのインターナショナルスクールのサマーキャンプが大人気です。子どものころ参加した人が大人になって自分の子どもを参加させたいという人やリピーターも多くいます。

アメリカン・イン・ジャパンのサマーキャンプ

老舗で有名なアメリカンスクール・イン・ジャパンのサマーキャンプを紹介します。毎日自宅から通うスタイルのキャンプなので学校へ通う感覚で参加できます。

六本木と調布の2か所で開催されており、六本木は幼児対象で調布は小学生対象です。
規模が大きく内容の充実度が高いことから参加者は北海道から沖縄まで日本全国から毎年応募者が殺到しています。

実際に子どもを参加させた親御さんの感想は、「普段コミュニケーションが少なく、あまり学校のことも話さない子がキャンプの話を楽しそうにする」「内向的だった性格に積極性がみられ、精神面での成長を感じ驚いた」「自主性とともに自信がついて、一人で行動できるようになった」「ネイティブな英語を話すようになった」「日本人とは違う外国人の価値観を知り、人間的な幅が広がったように思う」「スクールでやったクッキングやクラフトを楽しそうに家でもする」など。

子どもの成長に驚きと喜びを感じている親御さんばかりです。

サマーキャンプの内容

英語ばかり話すのではついていけない子どももたくさんいますので、英語を話せなくても楽しめるプログラムが用意されています。子どもの得意分野に応じて選択肢は幅広く用意されています。
六本木では、音楽クラス、体育クラスなどがあり子どもの得意な分野に応じたクラスが用意されています。例えば、恐竜、蝶、農場をテーマにして、これらをどういう風に表現するか、文化的なものについて学びます。

調布では、スイミングやローラースケートなどの運動系、クラフト、クッキング、マジックなどの文科系、みんなで協力しあうグループ活動などがあります。

いずれも先着順ですので参加したい人は早めに申し込みましょう。

六本木サマースクール

対象は幼児から小学年生までで、8日間です。Aコースが7月下旬から8月上旬まで、Bコースが8月上旬から中旬までの日程です。

調布サマースクール

対象は小学1年生から小学6年生までで、10日間です。Aコースが7月下旬から8月上旬まで、Bコースが8月上旬から中旬までの日程です。広いキャンパスでのびのびと活動し、英語力のアップと他国の仲間とコミュニケーションが図れます。
8日間から10日間という短期間ですが、会話がすべて英語という語学学習にとって最適な環境であることはもちろん、指導する先生方は教育のプロフェッショナルであり、その先生たちによりインターナショナルな感覚で作られたプログラムは、子どもの個性を伸ばすことを第一に考えて作られています。

また、外国人の先生ばかりでなく日本人の先生もいるので安心して、子どもを参加させることができます。

まとめ

応募者が殺到するアメリカン・イン・ジャパンのサマースクールは、子どものころ参加して良かったという親たちが自分の子どもにもぜひ体験させたいといケースや、英語感覚を身につけさせたいというケースなど、とくにリピーターが多くいます。

指導する先生は教育のプロばかりで、子どもたちの個性を重視したクラスやプログラムが多種多様に揃えられています。

サマースクールに参加させた親御さんたちは、一様に子どもの成長に驚き頼もしく感じているようです。

英語の習得はもちろん、異文化に触れることで得るものは想像以上のものがあります。なによりも、子どもたちが楽しくて、また参加したいと思うようです。

募集人数は1400人と大規模ですが、それでも大人気のサマーキャンプですから参加したい人は早めに申し込みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。