英語を始めたけどなんだかうまくいかない気がするあなたへ

英語を始めたけどなんだかうまくいかない気がする

英語で会話=ネイティブの外国人との会話?

英語で会話=ネイティブの外国人との会話?

仕事や観光で日本を訪れる外国人はとても多くなりました。
国籍も様々で、まさに世界中から人が来日していますので、学校や職場など、身近なところにもいらっしゃるのではないでしょうか?
またどうやって覚えたのか、日本語の上手な方も多くいらっしゃいます。
そして、私達と同じ第2外国語のはずなのに、英語も皆さんお上手だったりします。

国が違えば文化も違うとはいいますが、その違いに驚いた経験はありませんか?

考え方や気質もまた国によって異なるので、共通の言葉で理解し合うのは楽しい事です。
これぞ英会話を楽しむ醍醐味とも言えるでしょう。

英会話というと、英語圏の外国人との会話と思いがちですが、日本で英語を使ってコミュニケーションをとる相手の数は、実はネイティブよりも英語圏でない外国人が多かったりします。
国ごとの気質の特徴で言えば、日本人は謙虚で奥ゆかしいと言われています。
英語を話せますかと聞かれて、そこそこ話せたとしても出来ませんと言ってしまいがちです。
逆に外国人に日本語出来ますかと聞くと、答えがけっこうポジティブで、全然理解出来てないような感じでも、出来るよ!と言ったりします。

せっかく日本に外国人がいるのですから、世界共通語を使って挨拶してみてはいかがでしょうか。
片言の英語でも気にせずに話しかけると、意外と会話が続くかもしれませんよ。

ネイティブじゃないからこそ出来る事がある

ネイティブじゃないからこそ出来る事がある

ところで外国人に道を聞かれたりした経験はありますか?

片言の日本語でも、場所を聞けば、身振り手振りを交え、何とかして場所を教えようとするのではないでしょうか。
相手が言葉をすらすらと話せなくても、言いたい事さえ理解できればフォロー出来ます。

ネイティブの方と話していると、言いたい事が言えなくて言葉につまっても、察して言い直してくれたりするので、単語だけで会話が成立する事もあります。

型どおりの自己紹介から先に行けない英語の初心者だと、英会話を練習する時に相手がネイティブの場合、その点で甘えてしまいます。

それでも英会話には違いないのですが、上達を目指すなら、母国語が英語ではない外国人と会話をしてみると、けっこう頭を使います。

お互いに不完全な英語でのコミュニケーションは、英語力はもちろんの事、相手が何を言いたいのかを、聞きとった言葉から想像し、自分の言葉で聞き直し、理解出来ないと話が先へ進まないので、お互いいいトレーニングになります。

多国籍のサークルに参加してみよう!

多国籍のサークルに参加してみよう!

都市部など、外国人が多くいる地域だと、様々な出会いの場があったりします。

例えば外国人とのコミュニケーションサークルなどに参加してみるのもいいかもしれません。
そこにもっと英語が上手な日本人がいると、自分の方が出来ないので気も引けるし、つい口を閉ざしてしまいたくなるかもしれません。
そのまま気づけば隣でニコニコしながらうなずいてばかりなんて事にもなりかねません。

でもそこで、自分の心ともう一度相談してみてください。
誰にでも始めがあります。ここは遠慮と恥を捨ててどんどん発言する方が身になるし、成長できます。
間違える事を恐れない心の強さをそこで養うと思って、話に入っていくよう意識するだけでも頭を使います。
そのようなサークルに参加を出来ているという時点で、それなりの度胸と積極性はあるはずです。

映画や音楽のリスニングで無理しなくても大丈夫!

映画や音楽のリスニングで無理しなくても大丈夫!

これもまず最初にやって、わからな過ぎてがっかりするという、よくあるパターンです。
見た事ある映画なら大丈夫かなと思って英語で見たら、全然何言っているのかわからないし、
楽しめない、最後まで見れないなんて事になっていたら、ちょっと待ってください。

英会話ならリスニングが大事だという事は、かなり世間には浸透しましたので、続ける為にもなるべく楽しく好きな事で勉強したいと思い、つい背伸びし過ぎてしまいます。

それで、いきなり映画を字幕なしで見てわからないと、この先出来る気がしなくなってしまって、自信をなくしたり、やる気が落ちたりしてしまい逆効果になってしまう場合もありますので、
無理は禁物なのです。

実は英語がある程度話せる人ようなでも、映画は結構難しい場合があります。
なので、落ち込まないで下さい。
むしろ映画は字幕で見て、聞こえる英語に意識を持っていくような見方のほうが、
ストーリ-と共に英語がすっと入ってきたりします。

直訳だと全然違うのに、英語ではこういうんだ!なんて発見もあって、逆に発想の勉強になります。

英語を話そうとすると、つい日本語から英語への直訳で考えようとしてしまいがちです。
その発想から抜け出して、翻訳の発想を学ぶ事はとても有益です。

結局はバランスが大事

結局はバランスが大事

英語の勉強も、食事と同じでバランスが大事です。
やり方も人によって好みが違うし、同じ事をして同じように吸収できるわけでもありません。
色々試して失敗するのもまた勉強ですが、続かなければ意味がありません。
楽をして英語を身につける事はかなり難しい事は確かです。

日本は勤勉な国と言われますが、勉強する人は確かに情報を頭にインプットする作業は上手いですが、アウトプット、つまりそれを表に出して表現したり、活用したりするのが苦手なように思います。
そのカギは、発想の転換をする柔軟性にあります。

日本で育ってきた方ならば、中学から、早い人は幼いころから、大学まで行っているとしたらそうとう長い期間、多くの英語をインプットし続けてきています。

忘れているだけで、頭の片隅に情報は入っているのです。

1から勉強をし直すのではなく、勉強の方法を変えるだけでも、英語は上手くなります。
記憶の引き出しをガタガタ引っ張ってもダメならば、押したり叩いたりして工夫して出すのです。

単語がわからなければ調べる、文法のささいな事は始めは気にしない、英語を意識して聞き取る。
そして一番大事になるのが、積極的なコミュニケーション。

ペラペラと話せないから自分はダメだと思わないで下さい。
英会話とはコミュニケーションですから、外国人とちょっとでも意思が通えばそれは英会話なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。