耳から学ばせるバイリンガルへの育て方

耳から英会話バイリンガルへの育て方

英語を学ばせるなら耳が非常に発達する幼児期が重要

子供は6歳頃までに耳が非常に発達する時期になります。この時期に英語を耳に覚えさせることでヒアリング能力が一気に向上します。小学校に上がった後ではこうはいきません。

この6歳までの期間がポイントとなります。英語を学ばせる時期は早ければ早い方がいいでしょう。

英語を学ばせる時期は早ければ早い方がいいでしょう。

5歳から学ばせるよりも0歳から学ばせる方が効果的です。

では、0歳児からどのように教育するのか?

それは環境の中に英語を取り入れることです。

ちょっと探せば英語はどこにでも溢れています。例えばTVです。NHKの教育では子供向けの英語チャンネルが流れています。

海外アニメのDVDを吹き替えではなく字幕なしの英語音声で見ることです。アニメであれば子供は内容が分からなくても目を奪われます。

そうすることで自然に耳へ英語が入っていきます。TVでなくともYoutubeで海外アニメを視聴することもできます。

これはお金もかからずお勧めですね。洋楽を聞き流すだけでも効果があります。子守唄代わりに洋楽を流すというのも良いかもしれませんね。英語を環境音に変えるで自然と英語の基礎が身に着くはずです。
あとはスマホアプリを利用する手もあります。今では数多くの英語教育用アプリが存在します。アプリで英単語を簡単に学べるものや、歌やダンスでアルファベットを学べるアプリなど多種多様です。

こういう楽しみながら学べるものは子供にとってストレスにもならず良いでしょうね。

子供は興味がなければ見向きもしないので、こういう好奇心をそそる遊べるアプリは重宝します。何種類かスマホにダウンロードしておけばより効果的でしょう。

楽しみながら学べるものは子供にとってストレスにもならず良いでしょうね。
近所に英会話教室などあれば通わせてみるもの一つの方法ですね。

講師とコミュニケーションを取りながら英語を学ぶことが出来ます。

なのでコミュニケーション能力が育つまでは通わせることは難しいです。

通わせるのであれば2~3歳くらいからがちょうど良いのではないでしょうか。但し、難しいのがここで苦手意識を植え付けてしまうと英語が嫌いになってしまう可能性があります。

そうならないためにも教室選びは慎重に行いたいですよね。

英会話教室は大手から個人まで探せば限りなく出てきます。身近にお子さんを通わせている人がいればどんな教室か聞くことも出来ますが、身近にいなければ自分の足で探すしかありません。体験入学などをやっているところも多いので子供を直接出向いて子供の反応をみて決めるのが一番良い気がします。

楽しく英語を学ばせることが重要ですからね。
近所に英会話教室なんてないという人は今流行りのネット英会話などどうでしょうか?

ネット英会話はスカイプなどで直接マンツーマンで話をしながら英語を学べることが出来ます。

一対一の会話なので英会話教室と比べると会話量が多く取れることと料金が安いことがメリットになりますね。

デメリットは自宅でやるので子供が途中で集中力が切れやすいです。

こちらも無料期間などを設けていることがあるので一度体験させて様子をみるのもありですね。
あとは最も効果が高いものとしてインターナショナルスクールがあります。

現在は全国的に増えてきており、芸能人が子供をインターナショナルスクールへ通わせることも多いみたいです。

教師は当然英語、生徒も英語で会話するので一日中英語漬けです。

生徒も英語で会話するので一日中英語漬けです

これまでの方法で一番効果があるでしょう。反対にその分お金もかかりますけどね。
いかがだったでしょうか、これまでの方法を実践すればあなたのお子さんはバイリンガルへより近づけるでしょう。

但し、ここまでやっても普通の小学校へ入学した場合大半が今まで学んできた英語を忘れてしまいます。

そうならないためにも環境に自然に英語がある生活を続けていくことと、子供に英語は楽しいものと思わせることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。