親が話せなくても大丈夫!子供をバイリンガルに育てよう

子供をバイリンガルに育てよう

どうすれば子供をバイリンガルに出来る?その方法

子供がバイリンガルに育つためには、親が英語を話せないとだめでしょうか?

もしくはネイティブの家庭教師をつけなければだめ?

いいえ、そうとも言い切れません。もちろん、親が英語で話しかけてあげれば、子供は日本語を覚えるように英語を覚えるでしょう。けれどそうはいかないご家庭が多数ではないでしょうか。

Dr.木下をご存知ですか?

この方は、フジテレビの「みんなの英検」を監修し、出演もしている方です。このDr.木下が、子供をバイリンガルにする秘訣を教えてくれるのです。それも、たった1日30分で!
1日30分?冗談でしょ?
そう思うかもしれませんが、本当です。
フジテレビの番組も監修したDr.木下だからこそ見つけたメカニズム・マニュアルに従えば、覚えが早く柔らかい子供の脳は1日30分でもネイティブのように英語を使いこなす事が出来るようになるのです。

Dr.木下のマニュアルを見ると、子供、特に幼児と呼ばれる年代の子供の効果的な英語教育には、どのような環境が必要なのか、子どの英語学習のにおけるメカニズムが非常に明確に理解できます。
英語学習を実際に使い、腑に落ちて理解することが出来る学習方法にばっちりと焦点が合っているのです。

子供に英語を勉強させるため、英会話教室へ通わせる事も考えるでしょう。その時に、どのような英会話教室が良くて、どのような英会話教室はやめておいた方が良いのか、そして本当に良い英語の教材の見つけ方も分かります。

「しまった、もう英語教材を買ってしまった…」

と思われたご両親も、ご安心下さい。もしかしたら少しはやまってしまったかもしれませんが、Dr.木下はすでに買ってしまった教材も、どう使えば最大限に子供英語教育へ活用できるのかも教えてくれているのです。
そして、まだ教材を買っていないご両親にはもっと朗報があります。わざわざ自分で購入せずとも、DVDをレンタルで借りるなどして、極力資金を使わずに英語教育をする事もできるのです。

極力資金を使わずに英語教育をする事もできるのです。

けれど、日本で生活するし、英語はそこまで使わないんじゃないかな。
そう思うご両親もいるでしょう。しかし日本企業のおおくはどんどん東南アジアへ支店や工場を作っています。就職した先で海外への転勤を言い渡される可能性や、外国人が部下になる可能性、上司になる可能性はどんどん高くなります。

そしてやがて少子高齢化がもっと進んだ先、日本へは多くの外国人がやってくる事が予想されます。その中で、今以上に英語が国内でも必要になる可能性は十二分にあり、また就職や受験でも英語は出来ないよりも出来た方がよい、むしろ出来て当然、とった流れになってきているのです。
海外へ行けば肌で感じる事ですが、日本ほど多くの人が英語を苦手としている国はとても少ないのです。先進国の多くはもちろんの事、英語を母国語としない後進国ですら、若者は流暢に英語を話します。若い世代になればなるほど、英語は出来る事が当たり前なのです。

中島和子さんという、言語学者・教育学者の著書では、バイリンガルの子供はモノリンガルの子供にくらべて想像力が豊かである、と記載されています。

バイリンガルの子供はモノリンガルの子供にくらべて想像力が豊かである

複数の語学を学ぶ事が、想像力へ影響を与えるのだとすれば、他の多くの能力へもなにがしかの影響がある可能性があると考えて不自然ではありません。何より、出来ないより出来た方が良く、英語でも日本語でも物を考えられる脳というのは社会人になり仕事を始めた時に非常に強い味方になるでしょう。

また、お子さんがバイリンガルに育った時、いつか大人になった時に一緒に世界を旅する事も出来るかもしれません。
英語が話せるという事は、より活動的・行動的にもなれるうえ、自信を持たせてあげる事も出来るのです。

他の英語学習方法と比較してみましょう。

子供を英会話教室に通わせようと思った時、評判が良く、先生がしっかりした教室を探す事がまず大変ですよね。
そしてその教室が子供に合うかどうかも、実際通ってみなければわかりません。
子供が通学をする時間や交通費もかかりますね。
そして、通うのを中止すると、あっという間に忘れてしまうのが子供なのです。
海外で育った子供が日本へ戻ってきた時、もとの言語に触れないでいると、たったの数か月で忘れてしまうといいます。
2011年から小学校でも英語教育が始まりましたが、学校で週に数時間英語を(それもレベルの低い英語を)習ったからといって、話せるようにはならないのです。

それではどのように子供をバイリンガルに育てるのでしょうか。

この方法では、子供の年齢別に最適な学習方法をお伝えしています。
また、子供が自ら進んで積極的に英語にふれようとするには、あるコツが必要なのです。このコツをつかめば、とても楽しく英語を勉強できます。

上手な英語学習のコツをお教えしましょう。

上手な英語学習のコツをお教えしましょう

英語が苦手でも大丈夫!2カ月英会話をマスターするコツ
日常英会話を2カ月でマスタ―出来る方法についてご紹介 英語をいくら勉強しても、いざ話そうと思うと簡単な単語すら分からなくなるといった経...
誰でもできる英会話力を劇的に改善するための勉強法
音読練習は、英語を話せるようになるための近道 勉強方法について改めてレビューを行った結果、何が足りないのかわかりました。それは...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。