この3つさえ押さえれば、日本にいても英語堪能になれる!

英語が上達するポイント

具体的にどんなことをすれば英語が上達するのか?

それでは英語堪能になれる3つのことをさっそく御紹介しましょう。
ひとつ目のフェーズは「基礎固め」、ふたつ目のフェーズは「大量インプット」、三つめのフェーズは「話すトレーニング」になります。

この3つをきちんと行えば、少しずつではありますが、日本にいながらも必ず英語が話せるようになっていくのです。

具体的にどんなことをすれば英語が上達するのか?

①基礎固め

まずは基礎固めが大切です。

これをしなければ、どれだけたくさんの英字新聞を読んでも、どんなにTEDを視聴しても、知っている英語表現が少ないために嫌気がさしてきてしまい長続きしません。基礎固めで始まり、基礎固めで終わるといってよいほど重要なパートです。
一つ目のポイントとなるのは語彙力(単語・熟語)です。
これは意気込んで重要単語集や頻出単語帳を買って丸暗記するよりも、「自分が好きなことに関する英文」「自分が話すであろうシーンの英会話集」に載っている英文のなかから意味の分からない単語を拾って調べていく、というやり方のほうが効果的です。

自分が使う単語であれば頭に入ってきやすいですし、使う場面があればずっと覚えていられるからです。

次に文法です。
英会話をするためには、細かい文法の論点を押さえる必要はありません。
まず時計と高校英語の文法の参考書を用意してください。そして各単元のまとめだけを必ず一時間以内に一気に読みます。

動詞の過去形には規則変化と不規則変化があったことや、比較級はthanだったことなど、大学受験でさんざん勉強してきたことを適当に思い出す程度でけっこうです。これだけでかなり記憶が戻ってきます。

基礎固めの三つ目のポイントは発音です。
英語は小声で発音していては通じない言語です。
ですから、細かい発音に気をつかうのではなく、腹の底から大きな声を出して話せば、驚くほどに会話が通じるようになります。
また、外国人の発音に耳を傾け、それを真似してみることも重要です。カラオケの練習をする要領で、口調や語調をそれっぽく真似てみるだけでも外国人らしい発音になります。

四つ目のポイントは例文・フレーズ・言い回しです。
こちらも単語とおなじように、「自分が好きなことに関する英文」「自分が話すであろうシーンの英会話集」にある英文の中から、これは日本語でもよく使うだろうと思われるフレーズを選んで覚えていくと効果的です。

その際は、必ず音読するようにしましょう。人がなにかの物まねをするときに重要なのは、それになりきって練習することですが、それと同じです。

音読するときは、そのフレーズを使う状況を頭に描きながら、外国人相手に自信をもって話す自分を想像しながら音読するのがコツです。

②大量インプット

大量インプット

「基礎固め」が完了したあとは、「大量インプット」です。
大学受験や資格勉強の場合、基礎や公式を押さえたあとは、ひたすら練習問題や過去問を解くと効果がぐんとあがります。

これとおなじように、生の英語に触れる時間を1分でも多く増やすのです。

礎固めがきちんとできていれば、この大量インプットのときに出てくる単語や文法やフレーズの中に、すでに知っている言葉が頻繁に出てくるでしょう。

その既知の知識を軸にして、新しい知識を少しずつ広げてゆくのです。

「大量インプット」にもいくつかのポイントがあります。
ひとつ目のポイントは多読です。

古典的ではありますが、英字新聞は高い効果が得られます。
使われている言葉が洗練されているうえに、記事が「社会」「経済」「芸能」など多岐に渡り、実際に海外で話題になっている用語を覚えることもできるからです。

新聞を購読するのが苦手な場合は、インターネットのニュースサイトの閲覧をおすすめします。

The New York Timesなどの一般サイトのほか、TechCrunchなどのIT業界に特化したサイトや、海外の音楽専門サイトなど、自分が好きなジャンルの英語の記事をたくさん読んでみるとよいでしょう。

The New York Times

一度は買ったことはあるけれど、最後まで読み切れずに挫折した、という方が多い洋書。

洋書。
これを完読する秘訣は、まず日本語版で読んで内容を頭に入れておくことです。
おおまかな話の流れをつかめていれば、あとから洋書を読んで分からない単語が出てきても推測してすんなりと読むことができます。

まずは一冊完読した!という満足感を体感してみてください。

市販のテキスト教材には英文だけではなく、その日本語訳、単語・文法の解説、さらにはCD教材までついていたりして、いろいろなノウハウがいっぱい詰め込まれています。これを利用しないのは損です。

Amazonで「プレゼン 英会話」「旅行 英会話」など、自分が興味を持っているジャンルのキーワードを打ちこんで英語テキスト教材を検索し、そのなかでも高評価の本を選んで買ってみるとよいでしょう。

Amazon

大量インプットにおける、ふたつ目のポイントは多聴です。

大量インプットにおける、ふたつ目のポイントは多聴です
CNN NewsなどのPodcastを、通勤時や散歩時にきちんと頭の中で意味を追いながら聞くことでヒアリングの力を得ることができます。

CNN News

ただ聞き流して耳を英語に慣らすだけではいけません。意味を理解しながら聞くことで、ヒアリングの力を養うのです。

そのほかにも、多読のときに読んでみた洋書のオーディオブックを繰り返して聞くのもおススメです。オーディオブックは配信サイトのFeBeなどで購入することができます。

febe

また、CD教材も効果があります。
多読のときに使用したテキスト教材に付属しているCDをひたすら聞きくと、その単語やフレーズに触れる回数が増すため、表現が頭の中に定着しやすくなります。

朝にテキスト教材を読んで意味を押さえ、通勤時にCD教材を聞くという合わせ技で勉強するのがおススメです。

通勤時にCD教材を聞く

音楽が好きな方は、ぜひ洋楽を英語学習に使いましょう。
歌詞をディクテーションしたり、歌詞カードを見ながら分からない単語を調べてみるなどして、いつも聞いている音楽を異なる感覚で聞くのです。

これは、あまり知られていない洋楽ファンの音楽の楽しみ方のひとつです。

CNN VideoやTechCrunch TVなど、海外ニュースサイトの中にUPされている動画のなかで、自分が気になったものを視聴したり、Youtubeで興味のあるジャンルの英語コンテンツを検索してどんどん視聴するのも効果があります。

世界の著名人が行ったプレゼンの模様が録画されたTED Talksもおススメです。

まずは、naverまとめの「【すごいプレゼン】TEDを初めて見る人におすすめの10本」にある動画から選んで視聴するとよいでしょう。

【すごいプレゼン】TEDを初めて見る人におすすめの10本

洋画や海外ドラマは、スラングが多く、ビジネス英語には不向きな面もありますが、見ていて楽しいので長く続けられるというメリットがあります。

まず初回は英語音声と日本語字幕で見て、二回目は英語音声と英語字幕で、三回目は英語音声と字幕なしで見る、これをひと通り、ぜひ試してみてください。

③話すトレーニング

三つめのフェーズは「話すトレーニング」です。
一般的な英会話レッスンでは、教材に載っているシーンが自分にとって本当に必要かどうか、また、その会話文が自分の話したい内容であるのかどうかという点が大いに疑問です。

それよりもむしろ、自分が普段、日常的に日本語で話していることをどんどん英語に変え、表現を少しずつ習得してゆくほうが効果的でしょう。

ベストティーチャーはこの「教材を自分で作る方法」というコンセプトの元でサービスを提供しています。

教材を自分で作る方法

「話すトレーニング」のポイントは英作文添削です。

話すトレーニングのポイントは英作文添削です。

週一回英会話スクールに通うのであれば、毎回レッスン前に自分で話す内容のスクリプトを作成しておき、それを講師に添削してもらいます。

困難な作業ではありますが、続ければ必ず効果がでます。
また、学生時代の外国人の友人や、後述するLanguage exchangeで知り合った外国人に、自分で作成しておいたスクリプトを添削してもうのもかなり効果があります。

また、実際に話すことも重要です。
英会話スクールへ行くのはもちろん、そのレッスンの前後に予習と復習をすれば必ず英語力は上達します。
英会話スクールに通うのが大変な場合や費用が高いことがネックであれば、格安で毎日話せるスカイプ英会話があります。

効果は人によりけりですが、フリートークで自分のことが積極的に話せる方であれば英語力を上げていくことができます。

その際、講師が話していることに耳を傾けることも重要です。

ときには講師に待ってもらってメモをとり、これを伝えたい時はこういう表現を使うのだということを学んでいくのです。話しながら、講師の使う英語をどんどん脳内にインプットしていきましょう。

講師とカフェなどで待ち合わせて英語を話す英会話個人レッスンもあります。
多くの講師が登録しているネイティブ先生ドットコムなどが有名です。

ネイティブ先生ドットコム

こちらも英会話スクールより安く、マンツーマンレッスンを受けられるので一度試してみるとよいでしょう。

自分が外国人に日本語を教え、その代わりに相手から英語を教えてもらうLanguage xchangeもあります。

お互いが先生であり生徒でもある、パートナー次第では長続きしやすいスタイルです。有名なのはです。

海外の友達とスカイプで近況報告しあうのもおススメです。お金を払って授業を受けるのとはまた違った楽しさがあるでしょう。
以上が「この3つさえ押さえれば、日本にいながら英語堪能になれる!」学習法です。いかがだったでしょうか?

一番大切なことは、この3つのフェーズを重複させながら学ぶことです。

①の基礎固めを半年やってから、次に②の大量インプットを始める、というようなやり方ではなく、基礎固めをしながら大量インプットし、さらに話すトレーニングをすべて並行して進めることが大切なのです。

その際に、自分が3つフェーズのうちのどこをやっているかを意識しながら学ぶと、全体像のうちどこまでを習得できたのかが把握できるので長続きしやすいです。

今日は様々なことを一気にお伝えしてしまいましたが、まずは自分ができることから少しずつ始めてみるのがいいと思います。ぜひ頑張ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。