英語キャンプで英語力のアップ!価値観を知ることが大事

英語キャンプで英語力のアップ

オススメしたい国内夏キャンプとは

「インターナショナルスクール」と聞いて1番初めに思い浮かぶのが老舗のアメリカンスクールであるイン・ジャパンだと言えます。

All Aboutで「子供のための英語」にも紹介されている櫛田(くしだ)健児氏が卒業したスクールで、彼が出版した「インターナショナルスクール入門」の中にはインターナショナルスクールの現状の詳細が記載されています。

インターナショナルスクール入門

櫛田氏自身が在校生の時にはサマーキャンプの手伝いをした事もあるということでした。

毎年夏に開催される人気が高いサマーキャンプですが、大体140人くらいの募集に対して170人くらい応募があります。

なので参加を希望する場合は早めに申し込みをするようにして下さい。

それではアメリカンスクール・イン・ジャパンの「サマーキャンプ」について説明していきます。

このサマーキャンプは宿泊ではなく「通い」タイプのキャンプにで毎日学校へ通学するのと同様の感覚だと言えます。

先日六本木にあるアメリカンスクールに訪れたのですが、六本木にあったのは幼稚園から広い敷地の調布市には高校まで通学するインターナショナルスクールが存在します。

ここでも毎年サマーキャンプが開催され六本木と調布市で実施されるのですが六本木に関してはメインが幼児で、調布に関しては小学生がメインとなっています。

とても人気があるサマーキャンプだか沢山の人が申し込みますのでお早めに確認してみて下さい。

気楽な気持ちで英語のサマーキャンプに参加可能です

英語のサマーキャンプ

いろいろなクラスやプログラムさらにはテーマ学習を行う中で英語を学ぶことが出来ます。サマーキャンプを通じて子供達は英語だけではなく多くのモノを学び成長していきます。

毎年開催されるアメリカンスクールのイン・ジャパン、ここは通称ASIJと呼ばれています。

このサマーキャンプには北海道から沖縄までの子供が参加しているのです。

何しろ規模もトップクラスで内容が充実しています。スクール開催者もプログラムに関して自信を持っています。
子供をサマーデイキャンプに参加させようとする親の気持ちは多種多様で、実際に参加した親のコメントをいくつか紹介します。

  • いつもはさほど学校について話をしない子供が毎日楽しんでいることが会話から伝わってきた。
  • 異なる価値観が世界にはいろいろあることを体験した知識として得ることが出来る。
  • 積極的になった。
  • 学校で学ばないTPOのフレーズを覚えていてビックリした。
  • 人間として精神的な大きくなり人間としての幅が広くなったと思う。
  • 自分に自信を持ち行動するようになった。
  • 英語の他にもCooking, Craftも家でするようになりました。

英語力もアップは勿論、人間力がアップし短期間で大きな成長を実感することが可能なのがアメリカンスクールのサマーキャンプだと言えます。

参加者の中にはリピーターも沢山存在します。子供の頃にサマーキャンプに参加した人が親になり子供に同じ経験をしてもらいたいと参加させるケースもあります。

36年目となる実績からもそのプログラムの質の高さが分かります。

夏にアメリカで過ごすような感覚になれるサマーキャンプはキャンパスにて違う文化や別の価値観を知ることが出来ます。

その中で子供はこれまでの常識という殻を打ち破り新しい自分を見つけることが出来ます。

初対面の友達やカウンセラーの年上の人達と接し、英語環境の中で逞しくなる子供の将来の姿が浮かぶようです。

キャンプ期間に何かトラブルがあっても日本語が出来るオフィススタッフがいるのでその点は不安に思うことはありません。安心して子供をサマーキャンプに預けることが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。