英会話キャンプでコミュニケーションの達人になろう

英会話サマーキャンプでコミュニケーションの達人

意外と知られていない英会話キャンプの存在

外国人とコミュニケーションをとる手段を、日本国内で何とかしようと考えると、
どうしてもスクールに頼りがちになってしまうかもしれません。

子供向けの英会話教室などでも、夏休みを利用した短期留学プログラムなどを行う所もあります。
インターナショナルスクールに通えば、申し分なく英語漬けの生活が送れます。
そして、そのような学校を利用出来るのは一部の人です。
でも、もし日本にいながら、手軽に留学さながらの体験が出来るとしたらどうでしょうか。

実は日本の各地に、英会話キャンプの企画は多く存在しています。

数日間、様々なアクティビティや日々の生活をネイティブの講師や日本人スタッフと共に過ごします。
もちろん全ての活動が原則英語で行われます。

自然の中でのアウトドア活動や、動物園や水族館などの施設を利用したコース、音楽やスポーツなど、
その内容は企画会社によって様々ありますが、どれも子供達が楽しく過ごせるように工夫されています。

アクティビティも、年齢に合わせてプログラムが作られていますので、安心して参加出来ると思います。
子供達だけでの参加という事もあり、心身の健康面にも配慮出来るサポート体制もしっかりしています。

普段通っているレッスンは、一時的に英語の環境に身を置くだけですが、
英会話キャンプでは、主に英語で生活をします。たとえ数日ですが、
週に1回、1時間のレッスンに費やす時間を超えるかもしれない時間数を、一気に体験できるのは大きな魅力です。

日本で英会話キャンプに参加する事のメリット

日本で英会話キャンプ

これらの企画に参加するメリットは数多くあります。

外国へ行かなくてもいい

海外へ行くにはそれなりに費用と時間がかかります。
また、いずれは留学を考えている方が、それに近い環境をという事で、
トライアル的に活用する事も出来るかもしれません。

英語で生活できる環境

日本で暮らしている限り、英語を使うしかない時間はあっても、生活はありません。
英語を習っていたとしても、一日中英語で生活をする事は大変な事かもしれません。
場合によっては、日本語でのフォローも必要になる事があるかもしれませんが、
原則は英語ですし、外国人と一緒ですので英語でのコミュニケーションの訓練になります。

自立心や協調性を養う事が出来る

子供によっては、親から離れるだけでも不安を感じる場合があります。
でも、そこには自分と同じぐらいの子供が一緒にいて、自分で自分の事をしながら、
みんなで協力して生活しなければなりません。
そのような体験をやり遂げる事は、子供にとって自信になります。
たった数日でも、その体験からくるインパクトは大きい事でしょう。

楽しいアクティビティが盛りだくさん

楽しい事が大好きな子供達が、ホームシックにかかっている暇もないほど、
たくさんの楽しいプログラムが用意されています。
一度夢中になってしまえば、言葉の壁なんて飛んで行ってしまう事でしょう。

費用面でのメリット

普通の旅行に比べれば、安くない料金かもしれませんが、
三食ついて、英語で生活してくる事を考えると、意外とその価格はリーズナブルと言えるかもしれません。
コースは1泊からのものもあって、気軽に参加しやすくなっています。

英会話キャンプに行けば本当に上達するのか

英会話キャンプに行けば本当に上達するのか

では、実際にこのようなキャンプに参加する事で、英語が上達するのでしょうか。
実際に行ってみて、見違えるように話せるようになった子供はいるのでしょうか。
行かせる以上は期待もするし、気になる部分です。

もともと英語が得意な子や、帰国子女の子など、
英語力がある子供達には、さらなるブラッシュアップの場にもなります。

しかし、英語で自分の気持ちや言いたい事をまだ話せない子にとって、
緊張や恐怖の場になってしまうと、苦手意識だけが残る恐れがあります。
大切なのは、英語の溢れる環境で楽しく過ごせた記憶が残る事なのです。

現実的には、数日でいきなり英語力が格段に上がると言う事はありません。
仮に外国人が日本語漬けで数日過ごしても、日本語がペラペラになる事を期待出来ない事は容易に想像できます。
それと同じで、大幅なレベルアップをイメージするのは、現実的ではないと言えます。

ですが、飛躍的に変わるかもしれない部分があります。
それは、英語に対する気持ちの変化です。

英語を使ってコミュニケーションをとる面白さを感じると、
学び続けるにあたって目標が出来ます。
違う言語を持つ人と、共通の言葉で通じあえた時に感じる喜びや、
違う文化についてもっと知りたいという気持ちなど、もっとやってみたい気持ちが残れば大成功です。

生活の中で育てる真のコミュニケーション能力

生活の中で育てる真のコミュニケーション能力

どんな言葉であっても、それを使ってコミュニケーションをとるという意味で同じ道具です。
また、コミュニケーション能力がなければ会話は不可能です。
言葉は、ただ無機質に質問と答えを繰り返すものではなく、
自分と相手の気持ちを理解し合い、助け合い、協力し合う時に必要な道具なのです。

そして言葉は人を励ます事も出来れば、傷つける事も出来てしまいます。
心の中に何があるのかは、言葉に表れるからです。

人とふれあう時に、相手の気持ちを尊重したり、理解しようとする心や、
自分で出来る事を積極的に広げて行く自立心は、国や言語に関係なく必要な事です。
またそれは、普段の生活から学び、成長していく部分です。
人とどのようにコミュニケーションを図るのか、子供と一緒に考える事はとても重要です。

せっかく英会話キャンプに参加をするのならば、英語がいくつ話せるかどうかよりも、
違う文化や習慣を持つ世界の人々とふれあう事で、自分の知らない国についていくつ知る事が出来るか、
どんな行動がとれるかに焦点を当ててみてはいかがでしょうか。

そして、子供が戻って来た時に、話をよく聞いて、出来た事を褒めてあげてください。
子供は認めてもらう事で自信がつき、さらなるステップアップを目指したいと思う事でしょう。
そうして家庭内と外で様々な経験から学んでいって、多くの子供達が将来社会に出た時に、
国内外で活躍する人材へと成長して欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする