教室選びは慎重に!子供英語を習う時に押さえたいポイント

子供英語を習う時に押さえたいポイント

言葉を習得するのに早すぎるという事はない!

英会話が苦手な人がとても多い日本。
読み書きは出来ても、聞きとりや発話につなげる事が難しいと感じる人は少なくありません。

日本語と英語では音の聞こえ方が違いますので、大人になってから、
聞き慣れていない音を言葉として聞き取れるようになるには、
それ相応に時間がかかるのが普通です。

でも、日本語にもまだ慣れていない、まっさらの耳を持つ幼児に、
英語の音を聞き、日常の一部で随所に英語に触れられる環境があるならば、
日本語に加えて英語の音も一緒に耳に慣らす事が可能になるのです。

二ヶ国語を同時期に聞かせて、子どもが混乱したりしないのだろうかという心配をされる方もいます。
大人の感覚だとそう思うのも無理はありません。
でも、子どもは大人が思っている以上に、もっといろいろな事を吸収する能力があるのです。

通常、各英語教室では、無料の体験授業を受ける事が出来ます。
ぜひそのような機会を利用して、子どもに合った教室を選びましょう。
では実際どのようなポイントで英語教室を選ぶのでしょうか。

0歳~幼児の場合

0歳~幼児の場合

講師の人柄や指導の際の様子

  • 子どもとの接し方、保護者対応など、指導する際の姿勢などはどうか。
  • 子ども達が楽しい雰囲気で授業に参加できているだろうか。
  • 英語を積極的に多く使っているだろうか。

講師も人なので、色々なタイプの方がいます。
幼児期の子ども英語は親子で参加する事になりますので、親と講師のコミュニケーションも大事です。
相性的な問題もあれば、人によっては日本語を使いすぎてしまうケースもあります。
楽しい事に反応しやすい子どもの性質をよく理解して、
その能力を有効に引き出す事の出来る講師が理想的です。

感覚に働きかけるような指導をしているか

  • 歌やダンスなどの動きを伴う授業かどうか
  • 本や紙芝居などの読み聞かせなど、視覚にうったえる事をしているか
  • 親子のコミュニケーションを深める内容であるか

幼い子どもは、動きと連動して、音やリズムに反応します。
英語を言葉としてというより、音として慣れさせるには、
歌やダンスで遊ぶようにするのがとても効果的です。
また、本や紙芝居など、日本語でも普段接しているような方法で、
視覚を伴って英語に触れる事も大切です。
それらの事を、親と一緒に親しむ事で、安心して楽しく身につける事が出来るのです。
全体を通して、一番のポイントは、子どもが楽しく過ごせるかどうかです。
座ってお勉強はもっと大きくなってから出来ますので、ある程度の自由度があった方が自然です。
そして、単なる遊びかのような内容に、目的をもたせているのかどうか、
ステップ毎のカリキュラムがしっかりしているかなど、講師に質問しましょう。

小学生からの場合

小学生からの場合

義務教育でも、小学生から英語を取り入れるようになり、それに伴うように、英語を習う子どもも多くなりました。
現代の社会では、英語力を当たり前のように求められる事も少なくありません。

では、子どもが小学生になって初めて英語を習う場合、どのようなポイントで教室を選ぶでしょうか。

小学生にもなると、自分の意思がはっきりしてきて、好みもそれぞれです。
でも、相変わらず楽しい事が大好きな子どもである事には変わりありません。
英語に対する興味が向けば、楽しく英語を吸収していく事が充分可能です。
では、いざ教室へという時、どのような基準で教室を選びますか?
そこには幼児とはまた少し違う観点が必要になります。
いくつか考えてみたいと思います。

講師の指導方法

  • 子どもの勢いに流されず、主導権をもって指導できているか
  • 英語をたくさん使っているか
  • メリハリのある授業が出来ているか

この学齢は、幼少期と違い親と一緒の授業ではありません。
いろいろな子どもが一緒に学ぶ場合、思い通りに進まない事も出てきます。
そんな時でも臨機応変に対応し、うまく子ども達を惹きつける事が出来る人は良い講師と言えます。
いけない事はいけないと、講師がしっかり言えるメリハリをつける事も大切です。

会話、聞きとり、読み書きのバランス

  • 一方的にならずに、コミュニケーションを意識しているか
  • リスニングを意識した内容かどうか
  • フォニックス(英語の発音学習)を取り入れているのか
  • 言葉だけでなく、海外の文化や違いについての学習もしているか

小学生になると、いろいろな事が理解できますので、感覚的な部分だけでなく、意識的に学ぶ事もバランス良く取り入れて、動きのある時と、静かな時の使い分けがある授業が理想的です。
これらのほかにも、どのようなカリキュラムで、どのような教材を使うのか、どのようなフォローの体制があるのかなど、ちゃんと確認しておかないと、よくわからないまま入ってしまい、後悔する事になりかねません。

事前に質問を用意しておいて、講師や会社に遠慮なく聞いて、子どもに合った納得の教室を選びましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。