子供の英会話。習っているのに話せないのにはワケがあった

英語を習っているのに話せないワケ

必要なのはインプットとアウトプットのバランス

英語を学ぶチャンスは増えました。
子供英会話教室は、大手から個人まで軒を連ねています。
テレビのコンテンツや豊富な種類のDVD、おもちゃや教材など、
そんなに高額な費用をかけなくてもそれら知識や情報は入手する事が出来ます。

幼い頃から、早いお子さんは0歳から英語に触れている事は珍しくありません。

あるお子さんは、毎週英語教室に通っていました。

英語は好きだけど英語は家で話せない

その子は、英語は好きだけれど、家で英語を話すわけでもありませんでした。
親から見ると身についているというほどの実感が持てず、
このままでいいのだろうかと不安に思いました。

結局そのお子さんはインターナショナルプリスクールに通うようになりました。
すると、今まで習っていた時にはまるで話さなかったのに、
みるみると英語を口に出すようになりました。

インターナショナルスクールでは、当然全て英語ですので、日本語は使えません。
先生や友達とは英語でコミュニケーションをとるしかないのです。

それなら誰でもすぐに英語が話せるようになるのではと思うかもしれません。
確かに子供は吸収力があり、適応能力は大人にかなわないものを持っています。

それでも、英語漬けになって急に話せるようになるわけではありません。

そのお子さんは、事前に英語を知識として頭に入れていました。
英語での簡単な単語や挨拶、表現などに触れる機会が生活の中にあったのです。
英語を聞いたり見たり、受け身的な方法で英語に接してはいましたが、
使う必要までは感じられないまま、楽しい時間として過ごしていました。

インプットとアウトプットの意味とは?

インプットとアウトプットの意味

よく【インプット】という言葉を聞くと思います。
これは入力。つまり取り入れることを意味します。
日本の英語教育全般に言える事ですが、英語をインプットする事は得意な方が多いです。
ですから、英語を学ぶ方法や教材に関する情報も溢れていて、それらを取り込む機会は多いのです。
読み書きの能力が優れている人は少なくないのは、このインプットの力なのです。
ではその反対語の【アウトプット】という言葉はご存知でしょうか。
これは、出力。つまり中にある情報などを出す事を意味します。
このアウトプットこそが、英語を話せるようになるために必要な事なのです。
英語を学ぶ際、とにかく知識としてどれだけ覚えているかに重点を置きがちですが、
どれだけ使うかに関しては、自発的に話す事ばかりを期待しがちです。

でも現実的に、習った英語を家庭や学校などでちょっと披露しただけで上達したとは言えません。

では、日本に住んでいてどのようにアウトプットしていけばいいのでしょうか。

家庭や教室の以外の場所で、英語を使うチャンスはどうすれば見つけれられるでしょうか。
いくつかの例をあげてみます。

公民館などで開催される英語のイベントや教室。

英会話キャンプなどに参加して英語に親しもう

費用もかからなくて気軽に行けるのが、公民館などで行われるサークルや各種教室です。
各自治体には、学校での英語の授業などを定期的に行う為の、外国人講師が在籍している事があります。
そのようなネイティブ講師が、学校以外にも子供達と英語で触れ合う機会を設けられている場合があります。

インターナショナルスクールでのイベント

インターナショナルスクールでのイベント

インターナショナルスクールに通おうと思うと、費用が多くかかります。
そう出来たらいいとは思っても、現実的には難しいのがほとんどです。
そのような方でも、インターナショナルスクールを体験する事は可能です。

各インターナショナルスクールでは、一般の人達でも参加できる各種イベントが用意されています。
サマースクールやバザー、その他イベントのアクティビティなどに参加してみるのもいいでしょう。
日本にいながらも楽しんで英語を使う事できる大きなチャンスです。

英語で英語以外の事を習う

ティーチャーステイ

英語教室と思うとつい言葉を習う事をメインに考えがちですが、
英語でスポーツや芸術などを習う事が出来るスクールも存在します。
あくまでもメインは体操や楽器の演奏など、違う所にあります。
英語を使ってのやり取りになりますから、言葉をアウトプットするには絶好の機会になります。
お近くにそのような教室があるか、調べてみるといいかもしれません。

海外へ行くならば、チャンスは最大に活かす

海外へ行くならば、チャンスは最大に活かす

旅行で英語圏の海外に行くのであれば、子供だけで参加出来るようなアクティビティが用意されている事があります。
事前によく調べておいて、海外に行けるというチャンスを最大限に活かしてみるのもオススメです。
英語を話せる子供にしたいと思い、インプットする所まで来ているのであれば、
ぜひ英語を話す必要のある場所を探して、チャンスを作ってあげましょう。

英語をやっていて、なかなか成果があがらなくて困っていても、がっかりしないでください。
英語が話せないのではなくて、話すチャンスが少ないだけかもしれないのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。