英会話キャンプで子供にかけがえのない体験を

英会話キャンプで子供にかけがえのない体験

アウトドア型、アクティビティ中心のタイプ

山や湖などでキャンプやスキーを通して英会話に触れるタイプがあります。
アウトドアの活動を中心に過ごすプログラムになっていて、
外国人と一緒に原則英語で生活を体験する事ができます。

集団生活の中で、リーダーシップや協調性を育みながら、
様々なアクティビティを英語で楽しんでいけるようなカリキュラムが用意されています。

他の仲間との共同生活は、普段では経験する事のできない事です。
時には相手を気遣ったり、助けられたりしながら、
協力して何かを行う事はとてもいい勉強になります。

これらの体験は、英語を学びに行くだけでなく、
子供の自立心を養い、コミュニケーションの重要性を意識させる事が期待できます。

英語初級者だと、全て英語が不安に感じる子供もいるかもしれません。
そのようなお子さんでも安心して参加できるよう、日本人スタッフも同行しており、
様々なフォローもしてもらえます。

活動はアウトドア中心ですから、アクティブな子供達にはたまらない内容です。
英語に対する興味や関心を高めるきっかけとしてもおすすめです。

もちろん日本語禁止のオールイングリッシュのプログラムもあります。
レベルによってはこちらが良いかもしれませんが、無理をすると英語に苦手意識を持ってしまう恐れがあるので、コース選びはよく考えてからが良いでしょう。

観光ツアー、創作体験、セミナー型のタイプ

英会話を学ぶタイプがある

日本の観光スポットやショッピングなどを通して英会話を学ぶタイプがあります。
日帰りのコースが用意されている所もあるので、小さいお子さんでも参加できるのが魅力です

その内容は各種あります。
日帰りだと、料理や作品を制作する体験、集中してひとつの劇を完成させ発表するプログラム、
観光ツアーなど、アウトドアキャンプとは違った視点で英語を使う事が出来ます。

観光地へ行って、外国人観光客とコミュニケーションをとったり、
外国人と一緒に観光をする事で英会話を楽しんだりと、観光を絡めたプログラムは多くあります。
小さいお子さんでも親と一緒に参加出来るものもあれば、宿泊で英語漬けのコースも選べます。

外国人が多く住む地域だと、ホームステイのプログラムがある所もあります。
宿泊は外国人のお宅で過ごし、日中は集合してレッスンやアクティビティを行います。

中学生以上が対象で、セミナー型のものもあります。
大人も顔負けの話し合いやプレゼンなど、デスクワーク中心のプログラムです。
一定の英語力が求められますが、身につけた英語を存分に出す機会になり、とても勉強になります。

グローバルなコミュニケーション力が求められる社会へ出る前に、
より実践的な体験をできるのはとても良い刺激になるでしょう。
もちろん楽しいアクティビティもあり、楽しく過ごせるカリキュラムです。

世界の様々な問題について話し合ったりする為には、英語力だけではなく、
問題についての自分の意見や考えを持っていなければなりません。
そういう意味でも、よく頭を使う必要があります。

学齢別に考える英会話キャンプへ参加するメリット

幼児

宿泊ではなく、日帰り合宿のようなタイプがほとんどですが、
英会話教室などのように、週に1回ではなく、一日中英語に触れる環境にいられます。
いわば幼稚園や保育園で行うような事を、英語で体験するようなものです。
楽しい体験は、次への意欲へとつながりますので、
英語に対する楽しい印象を持つ事は、幼児が英語を学ぶにあたってとても重要な事です。

小学校低学年

低学年の子供は、まだまだ遊びたい盛りです。
好奇心を最大限に発揮して、様々な挑戦や活動を通して英語に触れる事で、
英語での生活に自然となじむ事ができる事でしょう。
また、親と離れて生活する事で、自分の事は自分でやる事や、周りと協力する事など、
英語以外に学ぶ事もたくさんあります。

小学校高学年

高学年になってくると、さらに多くの事ができるようになっているので、
集団生活の中での役割を果たしたり、助け合ったりする中で、
コミュニケーションの基礎を養う事が出来ます。
英語を使ってもっと伝えてみたいという目標へとつなげます。

中学生以上

相手の話を聞いて、自分の意見を英語で伝える事や、
あるテーマに沿った内容を人前でスピーチするチャンスは、自分から探さない限りはまずありません。
社会に出て英語を使う際、求められるスキルは学校だけでは得る事が難しいのが現状です。
数日間英語を使って様々な活動をするという体験は、実践でもきっと役に立つでしょう。

それぞれに合った英会話キャンプの探し方、選び方

英会話キャンプの探し方

子供に英会話キャンプを体験させたいと思ったらどうすればいいでしょうか。

通っている英語のスクールで企画をしている場合もあるかもしれません。
また、各種スクールで企画しているキャンプは、スクールの生徒でなくても参加ができます。
価格も旅行並みに設定されていて、何度も挑戦しやすいかもしれません。

インターネットで調べると、複数の企画を見つける事ができます。
ただ、その種類は多岐にわたるので、色々と調べるのが大変です。
アウトドアのキャンプか、観光ツアーか、英語漬けの合宿がいいのか、
希望の地域や条件をつけて探すと見つけやすいかもしれません。

英語で生活を体験する事で、すぐに英語力が上がる事を期待するよりも、
もっと英語を使ってみたい!と思える気持ちが膨らんでくれる方が近道です。

お子さんの性格や好み、英語に対する姿勢や希望によって、選ぶべきコースが変わると思います。
最初はとにかく楽しむ事から始めて、段階に応じてレベルや希望に合ったものを選択すれば、
英語でのコミュニケーションは、より楽しいものになるはずです。

日本語でも、英語でも、会話は人にやらされるものではなく、
自分の考えや気持ちから生じる事なので、人とのコミュニケーションの経験は欠かせません。
留学などの経験が難しくても、日本にいながら海外を感じる経験ができるという事は、
世界で活躍したい多くの子供にたくさんの希望とチャンスをもたらす事でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。