お子さんはどのタイプ?選べる子供英語の学習法

選べる子供英語の学習法

英語の教室に通う?それとも自宅で学習する?

子供英会話教室

まずはこちら、子供英会話教室からご紹介します。

同じ子供向けの教室でも、方法は様々あります。

  1. 歌や遊び中心に学ぶタイプ
  2. 外国人とのコミュニケーションで学ぶタイプ
  3. 読み書きに特化したタイプ

それぞれの方法で個性が異なるので、子供の性格や好みに合ったものを選べます。

こつこつ積み重ねが大事な学習なので、長い目で見る必要があります。

授業料に加え、教材なども安くないものもあって費用はかかります。

それぞれの特徴について詳しく見てみましょう。

みんな大好き!歌をと遊びで英会話

歌をと遊びで英会話

町のあちらこちらで見かけるのが子供英会話教室。
講師は日本人が多いです。

カードやおもちゃなどを使ったゲームと、
一度聞くと思わず口ずさみたくなるような、聞き覚えのある外国の童謡やキャッチーな歌の数々。
レッスン内容としては、要するに英語で遊んでいます。
遊び大好き!の子供達は楽しく通う事が出来ます。

自然と英語に触れる事が出来ますし、多くの子供達に親しまれています。

ネイティブ講師とのコミュニケーション

ネイティブ講師とのコミュニケーション

こちらは外国人の講師によるレッスンなので
日本人講師だとつい出てしまう甘えが通用しない分、英語を発話する訓練になります。

積極性があって、相手が外国人でもどんどんいけるお子さんは、
こちらのタイプもいいかもしれません。

これも大事!読み書き中心の英語教室

読み書き中心の英語教室

英語を勉強するならこちらのタイプも効果的です。

子供向けなので、楽しく学べる工夫をこらしていますが、
動きまわったり、踊ったりはせず、机について学ぶのが基本です。

ゆくゆくどうしても必要になってくる分野なので、
勉強の習慣をつけるのに役立ちます。

いずれにしても、英語を習う事で話せるようになるかは、ご本人次第です。

ただ、子供の頃から英語に親しんで育ってきたお子さんは、
学校でその力を発揮する機会などあると自信にもなります。
中学生の時点で、ずっと英語をやってきている子がやはり有利なのが現実です。
気になるのは費用ですが、教室のあり方も多様化しており、
お手頃なものから、高額なものまで色々あります。

時代はオンライン?ネットで英会話

ネットで英会話

PCやスマートフォンの普及で、急速に伸びてきているのが、
インターネットを利用した英会話です。

スカイプなどを利用して、気軽に外国人とお話が出来ます。

安い費用で学習できる手軽さは、現代ならではの方法です。
自宅にいながら外国人講師と話せるので、気軽に試しやすいのも特徴です。
スカイプなどのビデオ通話は、プライベートのみならず、
ビジネスシーンでも活用されています。
今や社会人に必須スキルであるパソコンも一緒に練習出来ますね。

インターナショナル プリスクール

インターナショナル プリスクール

こちらは今までご紹介した教室とはまた別物になってきますが、
費用は年間で200万前後は当たり前。
日本にいながら本格的に英語を身につけさせたいならこれです。

英語に触れる時間と内容が圧倒的に多いので、
早くから英語が使えるようになる事が期待できます。

自宅でマイペース!種類豊富な英語教材

種類豊富な英語教材

マイペース型のお子さんでも気軽に英語に触れられる様々な教材。

自宅でおもちゃ代わりに遊んだり、DVDを見たり、
車でお出かけの時などにCDを聞いたりと、その種類も豊富です。
英語が苦手なお父さん、お母さんもお子さんと一緒にきっと楽しく学べます。
英語の学習と言うと何かと構ええがちですが、
日本語と同じで、コミュニケーションのツールとしての習得が目的です。

どのような方法を選ぶかは、お子さんの個性にもよると思います。
それぞれの状況に応じてお子さんに合った方法を見つけてください。

英会話の初歩は、話す事よりも英語を聞く事がとても大切です。
幼い頃から、何かの形で英語に楽しく触れ続けられたらいいですね。

海外へのホームステイプログラムなども利用して、
実際に海外での生活を経験してみる事が出来たら、価値観がさらに広がる事と思います。
楽しく学んだ英語を、使う事がさらに楽しいと知れば、自ら英語を学んでくれるようになるはずです。
そんなお子さんの成長を楽しみにして、ぜひ色々と試してみて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。