本当の意味でグローバルな人材になるよう教育するには

151225-AO-182501-705x470

英語が話せるようになる事だけが重要な事ではない

教育格差が叫ばれる日本の英語教育環境は、親の持つ意識に比例して極端に方向性が分かれる傾向があります。
語学留学をするのも珍しい事ではなくなり、幼い頃から英語を習ったり、インターナショナルスクールへ入れたりと「英語が話せる」という事がひとつの大きな目標となっているケースは少なくありません。

グローバルな人材は英語ができて当たり前。

この事が子どもを育てる親の意識の中で大きくなった時、英語を話せる人がグローバルな人材であるというある意味短絡的思考に陥ってしまう可能性があります。

英語を話す事さえできればという思いが強いあまり、日本のある意味古いやり方では子どもがダメになると感じている人がいる事も確かで、経済的事情が許す家庭であれば、早くから子どもを海外へ住まわせておく事でその子の将来は安泰であるという過度な期待と安心を得てしまう場合があります。

確かにに日本の英語教育は試行錯誤を繰り返しても大きな成果があるわけでなく、相変わらず実用的な英語力を身につけられる人は少数となっているのもまた事実で、生きた英語を使える人材はとても必要とされている現状もあります。
ですから、海外で生活をするという経験は確かにとても貴重な体験となり、決して無意味なものではない事は間違いありません。

ですが、それが必ずしも日本へ戻ってからの成功を約束するものになり得るかどうかはイコールではないでしょう。
英語を話せるという事自体は、日本社会においてはかなりのアドバンテージになる事は間違いありません。
ですが、「グローバルな人材を育てられない」と思って抜けだしたその日本へ戻って働く事になった場合、共に働くのはいわゆるその「ダメな教育」を受けてきたであろう日本人なのです。

もしも海外で生きた英語を学び、多くの苦難を経験してきた自分を信じ、日本の教育を経て社会へ出てきた人達との差別感覚が無意識に芽生えてしまうのであれば、そのままその環境で共存していく事が場合によっては難しくなってしまうリスクもゼロではありません。

当たり前ですが、英語を母国語とする人達はもともと自分の言語が世界の共通語になっているので、別の言語を学ぶ必要も、自ら理解する努力をする必要もさほどにありません。
英語が世界の共通語である以上、世界の人々が英語を学び、英語を母国語とする人達を理解すべく勉強してくれるわけです。

ひとたび英語圏が自らのフィールドになった時には、第二外国語としての英語が特別なアドバンテージになる事はなく、できて当たり前の基本中の基本という立場に逆転します。

それは日本で仕事をするからには日本語ができて当たり前なのと同じ事です。
言葉は仕事を進める上で欠かせない道具ではありますが、仕事の内容は全く別のスキルが求められます。

そこには巧みなコミュニケーション能力や知識、協調性、行動力、対応力、判断力など、英語力とは全く関係のない能力、人間力が必要になってきます。

そのような全体のバランスがある人材を教育するには、海外で生活をして言語を習得する事が大きな目標とした教育では補えない部分も出てくるという事なのです。
ですから、子どもの将来を考えて英語力を身に付けさせたい親であるのならば、言葉の習得に重きを置き過ぎた教育にならないよう立ち止まってよく考えてみる事も必要かもしれません。
英語ができる事によって自分の立場が他者よりもはるかに優れていて、それができない他者は下に見てしまう事がないような人格教育も合わせて行う事は、英語を通じて全く違う文化の人を相手にコミュニケーションをするためには絶対に必要です。
それが本当の意味でグローバルな人材を育てるという事につながっていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする