大学入試が変わる!話す力、書く力が重要なポイント

大学入試

話す、聞く、書く、読むの4技能を測定する方向へ

大学入試の英語の内容が4技能メインに変わる

2020年からは大学入試の英語が変わり話す力と書く力が重要なポイントとなります。毎年、年が明けると国公立大学では出願がスタートし私立大学は一般入試が始まります。ほとんど同じ時期に本格的に大学入試のシーズンが到来する訳ですが、保護者の人にも勿論受験生だった時代がある訳です。

中でも英語が苦手で大学の試験対策に苦労したという人も多いのではないでしょうか。ですが今の時代の子供は私達が受験生だった頃よりさらに大変な思いをする可能性が高いのです。その理由は今年中学1年生になる子供、つまり2021年、平成で言うなら33年度以降に大学入試を受ける人を対象とした「大学入学希望者学力評価テスト」の内容がかなり変わるからです。

これからの英語の試験においては話す、書く、聞く、読むといった4技能を総合的に見て評価する形式となる予定です。2015年に文部科学省の「高大接続システム改革会議」という会議において国語、数学に関して記述式問題のイメージ例が提示されました。その時に英語に関しても4技能を評価することが決定された上で大学入試センター試験の後継組織、通称新センターが基準を作り民間の資格や検定実施機関が試験の原案を作成、実施、採点をする為のシステムが提案されたのです。

そして試験の時間、採点期間を確保することを目的としてこれまでの大学入試センター試験みたいに沢山マークシート方式での試験をするのではなく前の日程で、国語、数学の記述式問題と共に英語の試験を行なうことを検討しているのです。

この事については会議委員の吉田研作上智大学教授が会議前に開催された上智大学とベネッセ英語教育シンポジウムで「学力評価試験の英語は4技能試験を実施する予定で進めている」と言い切りました。

特に英語の場合は焦点となってくるのがシンポジウムのテーマと言うべき話す力、スピーキング能力を測定する事です。現在のセンター試験においては英語はリスニング、つまり聞く力は測定しています。会話の場面をイメージした出題といった風にいろいろな工夫も見られます。ですがマークシート形式といった制約があると試験は読む力の測定がメインとなってしまいがちです。話す力に関しては全然試験が行われていないのが現状です。また自由に書くといった能力に関しても各大学の個別試験では行なわれている学校もあります。ですが英語で受験では行なわれないケースやセンター試験ではスピーキングの能力の試験がされず大学に進学することになります。この頃の大学では国際社会で活躍できる人間を育てる為に使える英語の教育に力を注いでいるので進学後に苦労することになります。

今後の中学校、高校の英語の取り組みについて

現在の学習指導要領においても中学校、高校の英語教育というのは、4技能を全て充実させることを目標にしています。特に高校の英語に関しては多くの学校で英語で授業をすることが基本的に行なわれています。ですが既にシンポジウムでも紹介したベネッセ教育総合研究所の調査結果によると日本人はまだまだ学校での学習内容にに偏りが見られます。音読、発音練習、文法、読解が授業のメインとなりディスカッション、ディベートなどの英語を話す、英語で討論をするといった授業はあまり行われていないのが現状です。

これから中学や高校の授業だけではなく、大学入試自体も話す、聞く、書く、読むといった4技能重視に変化していくことでしょう。そうなればより中学校、高校での英語の授業も英語を話すこと、書くことに力を入れたモノになっていきます。学校側だけではなく生徒の側も小学生、中学生の時から英語を話す力や書く力を高める為に英語でのコミュニケーションを積極的にする必要があると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする