おすすめの英会話キャンプ10箇所を紹介

英会話キャンプというものをご存知でしょうか。

 英会話キャンプとは、英語圏の外国人講師と日本の子供たちが数日間一緒に過ごすプログラムです。キャンプを通して英語で生活をする英会話実践の場です。
英会話キャンプは主に幼児小学生中学生を対象として行っています。
「英会話キャンプ」という名前から、外国人講師や周りのお友達には基本英語で会話を行います。

中には英語が苦手な子どもや英語が全く理解出来ない子どももいるかと思いますが、英語に詳しい日本人の先生と一緒に同行し・サポートしますので、子どもたちは安心してキャンプを楽しめる事ができます。
英会話キャンプの主な活動内容として自然と触れ合いながら活動したり、中には動物園・映画館・スポーツ施設と様々な人気のアミューズメントパークへ連れて行ったりと幅広いプログラムが用意されています。
英語をコミュニケーションツールとして学習するプログラムなので、自身の考えや気持ちを伝えるために必要となる「発信力」と英語をきちんと聞き取る力「リスニング力」を子どもたちに身に付けて、最終的には地球規模の視野を持てるような、国際感覚を育む事が英会話キャンプの目的です。

英会話キャンプにまだ参加したことない子どもに参加させてあげたい気持ちはあるけど、英語キャンプはどのようなものなのか心配という気持ちも少なからずあると思います。
そこで皆さんが特に心配されていることをこれからQ&A方式でご紹介します。

心配を少しでも改善させるために、参考程度見ていただければ幸いです。

英会話キャンプQ&A

Q.英会話キャンプには、どんなプログラムがありますか?

A.英会話キャンプは多彩で充実したプログラムが幅広く用意しております。

幼児を対象としたプログラムは、主に音楽・体育などテーマ別の授業に基づいてさまざまなプログラムが用意されています。
小学生を対象としたプログラムは、水泳・ローラースケート・コンピュータ・料理・魔法と幅広く用意しております。

また小学校1年生は1時間程度の英語学習、小学校2年生以上は2時間程度の英語学習を行います。
中学生以上を対象としたプログラムは、主な内容として音楽コース・文化コース・体育コースなどがあり自身の得意分野に合ったコースを選択することができます。
一部の英会話キャンプでは、あらゆる山・海・谷を探索できるアウトドア中心として活動を目的としているキャンプも存在します。

Q:英会話キャンプでは具体的にどんな事が学べますか?

A.挨拶の際英語で簡単な自己紹介をして周りとの交流を深めたり、各国から来られた英語圏の先生方の出身国について知れたりと日本以外の文化も理解することが出来ます。

また自然の中でゲーム感覚で英語を楽しめることができ、全身を使って英語力を身に付けることが出来ます。

ゲームが楽しく、もっと英語のことが知りたいというお子様も数多くいらっしゃいます。
英会話キャンプの中には、子どもたちに実践力を付けたいという方針からみんなの前で英語で簡単なプレゼンテーションを行っています。

笑顔の絶えないプレゼンテーションで、自信を持ったという子供の声も伺えました。
自身の子どもが自ら英語を勉強して楽しく英会話をしたいという気持ちがあるならば、自然と英会話を習得することが出来るようになっているようです。

Q:子供に英会話キャンプを体験させたいと思ったらどうすればいいでしょうか?

A.子供たち自信が英会話キャンプに参加したい気持ちがあるのならば、体験させて大丈夫かと思います。

返って子供に気持ちもないのに、無理に英会話キャンプを体験させるというのは個人的にはおすすめしません。

Q:どの英会話キャンプに参加させるか悩んでいますが、どのキャンプがいいでしょうか?

A.ネット検索してみると、多くの英会話キャンプがヒットするかと思います。

イベントの種類は多岐に渡ると思いますので、色々と調べるのが大変です。
子供の性格・好み・英語に対する姿勢や希望によって、選ぶべきコースがそれぞれ変わってくると思います。

最初はなんでも良いので楽しむ事から始めさせて自分の希望に合うものを選択すれば、より英語でのコミュニケーションが楽しくなると思います。
英語漬けのキャンプが良いのか、アウトドアで気軽に自然と触れ合うことが出来るキャンプが良いのかお子様と相談して、希望の地域・条件を合わせて探すことをおすすめします。
英会話キャンプを通して”何としても英語力を上げるんだ”という事を期待するよりも、もっと気軽に英語を使ってみたいという軽い気持ちでいてくれたほうが、希望もあってよろしいかと思います。

Q:英会話キャンプに参加すれば、本当に英語が上達するのでしょうか?

A.お子様が英会話キャンプに参加して着実に英語が上達でき、明らかに見違えるように英語を話せるようになった子どもは正直限りなく少ないと考えられます。

例えば、日本語スクールで外国人が日本語漬けで数日みっちりと勉強して、ペラペラに上手に日本語を話すことは現実的に考えられません。
大幅なレベルアップをイメージするのは、非現実的だと思います。
元々英語が得意なお子様・外国から帰ってきた帰国子女のお子様にはさらなるスキルアップの場所となりますが、中には緊張して自分の言いたい気持ちや考えが英語で上手く話せなく苦手意識が残ってしまうお子様が少なからずいることが考えられます。
それよりも、わざわざ海外へ行かなくても日本国内で英語で溢れる環境で楽しく過ごせたという記憶が残ることが1番大切なことだと思います。
子どもが感じる喜びや多文化について詳しく知りたいという意欲が湧いてきたならば、大成功だと個人的に考えています。

Q:英会話キャンプではどこで活動されているのですか?

A:英会話キャンプは現在全国各地で開催されています。

プログラムの参加年齢制限はなく、誰でも気軽に参加することが出来ます。

英会話キャンプは人気のあるキャンプなのでリピーター率が高く、キャンプ開始直後は多くの子供たちや保護者の方で溢れかえっています。
お父さん・お母さんが当時幼少期の頃、英会話キャンプに参加してこの経験を自身の我が子へと受け継いたい!という気持ちから参加させるお子様も数多くいらっしゃいますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

アウトドア型中心の英会話キキャンプは、山・海・谷などキャンプやスキーを通しながら英会話に触れることが出来ますので、外国の先生方と一緒に英会話のみで楽しくキャンプ生活をエンジョイする事が出来ます。
1つのグループの中でリーダーシップを取ったりお互いに助け合いながら、様々なミッションを英会話で楽しんでいけるようなカリキュラムが用意されています。

このような体験は英語を学ぶだけではなく、子どもたちの自立心を育てコミュニケーションの重要性を意識させ向上させる事が期待できます。

普段の生活から周りのお友達と共同生活するのはあまりないかと思います。協力して何かに取り組むことは新鮮かつ記憶に残ると思います。

英会話キャンプの中でも夏季限定のサマーキャンプが存在します。


サマーキャンプとは学校の教室等で堅苦しい環境の中で勉強をすることではなく、一日中アクティビティに自然の中で学ぶことが出来る最高のキャンプです。

自然の中で英語を学ぶことが出来るので、空気が美味しく気持ち良い風を浴びながら勉強でき効率よく物事を考えていつも以上にアクティブに行動することが期待されます。

皆さんと一緒に食事をしたり、遊んだり、一夜を共に過ごすことによって絆が深まり夏の思い出を残してみてはいかがでしょうか?

サマーキャンプの中でも”2つの種類”が存在します。

1つ目は”従来通り英語の勉強をしながら、周りと英会話をしてサマーキャンプを楽しむ”近年、サマーキャンプを参加しているお子様が急増しています。

言語・育った環境・習慣・文化・考え方も全く異なる子どもたちが一緒に寝泊りし、勉強やアクティビティを楽んでお互いの心を通い合わせて、信頼関係深めることが出来ます。

2つ目は”糖尿病を持った方たちと共にサマーキャンプを楽しむ”糖尿病を持った子供たちのためのサマーキャンプも行われており、集団生活を通じながら子供たちが自然の中で自由にキャンプを楽しめるプログラムが用意されています。

キャンプ中、医師のもとインスリン注射・血糖測定・自己管理に必要な糖尿病の知識・技術を共有します。

メンタルケアの場を与えており、共に励まし合うための活用の場となっています。
毎年夏に開催される人気の高いサマーキャンプなので、150人の募集に対して180人と1.2倍の倍率の募集が集まります。

参加を希望する場合は早めに申し込みすることをおすすめします。

そもそも英会話キャンプを参加してメリットはあるのだろうか…

英会話キャンプに参加する上で、学齢別に参加するメリットを幼児・小学校低学年・小学校高学年・中学生以上の4つに分けてみました。

  • 幼児

日帰りキャンプが殆どで、宿泊することはあまりありません。

週に1回の英会話教室のようではなく、一日中自然との環境で英語のキャンプを楽しめることが出来ます。

幼稚園や保育園で学んだ英語を、英会話キャンプを通して体験します。

体験を積むと次の意欲へと繋がりますので、幼児から英語を学びさせて“英語は楽しいもの”だと印象付けることはとても大切なことです。

  • 小学校低学年

小学校低学年の子供は好奇心があり遊びたいという盛んな年頃なので、子供自身の好奇心・冒険心を最大限に発揮し、あらゆるミッションや活動を通して英語に触れて英語での生活に自然と馴染む事を期待しています。

親と離れて生活しますので「自分の事は自分でやるんだ」という自立心が生まれ、周りの人と協力しながら、英語以外に学ぶ事も沢山生まれます。

  • 小学校高学年

小学校低学年で出来なかったことが最大限に取り組めるようになるために集団生活の中での役割を果たしたりお互い助け合ったりする中で、コミュニケーションを円滑にするための「文脈力」を養います。

英語を活かしながら“もっと伝えてみたい!”というスキルアップへと繋がります。

  • 中学生以上

相手の話を聞いて自分の意見を英語で伝えたり、自分から探索しない限り、1つのテーマに沿った内容を人前でスピーチするチャンスは殆どありません。

学校だけで学んだスキルでは社会進出し英語を使う時、実践で英語習得するのは難しいのが現状です。

英会話キャンプに参加して英語を学びさえすれば、実践でもきっと役に立つに違いありません。
英会話キャンプ参加してのメリットは上記の通りです。

ここで全国各地で行われている人気の英会話キャンプをご紹介します。

何処に参加すれば良いのか迷っているお子様・お父様・お母様のためにご検討していただけると幸いです。

人気の英会話キャンプ10選

モメンタキッズ

Venture Kids

典出:http://momenta.jp/

モメンタキッズは、九州の英会話キャンプ専門の英会話教室です。

2012年から活動を行っているようで、九州で一番人気の英会話キャンプです。

特徴的なのは、1年を通して英会話キャンプをやっていてDay Camp、Weekend Campなど短いキャンプを定期的に行っていたり、レベルがチャレンジャーコース(初級・中級)やバイリンガルコース(上級・日本語禁止)と2コースに分かれていてレベルにあったキャンプに参加できるのが、ポイント。

主な活動運営は、自然の中で外国人と行うアクティビティや調理、科学実験、工作、など初級レベルにはボキャブラリーチャージ(英会話授業)もあるみたい。初心者にも参加しやすいキャンプです。


国際交流イングリッシュキャンプ

2013年国際交流イングリッシュ・スプリングキャンプを開催!

典出:http://ganbaro-miyagi.seesaa.net/article/369792850.html

国際交流イングリッシュキャンプは、宮城復興支援センターが主催する2011年3月11日の東日本大震災後、宮城県・福島県・岩手県が結集し設立された被災者人道支援が目的のイングリッシュキャンプです。
主な活動運営は、留学生の支援・小中高での国際理解活動・語学スクール運営等を通じて国際交流を行うNPO法人学割NETです。
国際交流イングリッシュキャンプは、小学生約100名に対して留学生25-30名と海外へ留学したことがある8名と大規模で行われているキャンプです。

世界の様々な文化・習慣・言語・様々な考え方などに触れて国際交流と多文化共生への取り組みを探ることを目的としています。
キャンプ中は、海外からの留学生や海外留学経験者とともに過ごす1泊2日の共同生活から多様性を養うきっかけと「海外や英語」に興味を抱いてもらい、今後必修化となるよう英語授業の後押しになることを期待しています。

開催地:福島、静岡、愛知、神奈川、千葉

京都YMCA英語学校&滋賀YMCA

京都YMCA英語学校

典出:kyotoymca.or.jp

京都YMCA英語学校は、京都YMCA英語学校主催の1844年イギリスロンドンで誕生したYMCA系列のスクールで、小学生を対象としたサマーキャンプです。
教育方針は意味のある英語になるべくたくさん触れさせて自分の言葉として英語表現し、言葉の規則性・聞く力・語彙力を身に付け、互いの文化の違いを理解する教育を目指しています。

1泊2日の夏季限定の合宿プログラムでは、英語に関心がある小学生を対象としたサマーキャンプで、定員40名の中に滋賀YMCAが加入することになりました。

外国圏の先生方と一緒に、川遊び・クラフト・キャンプファイヤー等と楽しいアクティビティが体験でき、英語を通しながら異文化を体験できるプログラムを用意しております。
宇治市にある関連の京都YMCAリトリートセンターは、キャンプ開催場所が宇治の山中なので静かな空間に存在します。

40年育ったメタセコイアの森陰を観察したり、グランドを駆け回る小動物を発見したりと大自然が体感できる素晴らしい環境が整っています。

開催地:京都YMCAリトリートセンター(宇治市二尾宇川18)

子ども英会話ミネルヴァ

子供英会話ミネルヴァ キャンプ

出典:http://www.minel.jp

子ども英会話ミネルヴァは、子ども英会話ミネルヴァが主催する長野県白樺湖を拠点とし、豊かな大自然で行われているオリジナルのサマーキャンプです。
大自然の環境で日本の伝統的な生活文化に触れながら楽しく英語が学べるプログラムが用意されています。
白樺湖周辺でキャンプ中仲良しになったお友達と共に自然を活かしたオリエンテーリングや、

そば打ち・農村体験・キャンプファイヤーなど都会では決して体験することのない楽しいイベントが用意されています。

外国圏の先生方と一緒に英語力を身に付けて、たくさんの出会いや貴重な体験が出来ることを約束します。

AIR TOYO CAMPS サマーキャンプ

.AIR TOYO CAMPS

典出:http://www.airtoyo.co.jp

AIR TOYO CAMPS サマーキャンプは、ヨーロッパで100年以上の歴史がある老舗のサマーキャンプです。

子どもたちのリーダー役として海外学生をキャンプに招待し、英語を使った遊び・スポーツ体験、AIR TOYO CAMPS サマーキャンプ特有の自然を活かした新鮮で楽しいアクティビティを行います。
AIR TOYO CAMPS サマーキャンプのモットーは「英語を通じて新しい気づきを肌で感じるサマーキャンプ」です。

遠くはなれた場所に住む人々との共同生活を通して、短期間でも実際に体験して得られる何か新しい”気づき”を肌で感じてもらうことを目的としています。

日帰りプランも用意されていますので、気軽に参加することが出来ます。

ユース・サマーキャンプin富士

ユース・サマーキャンプin富士

出典:www.shain-kyouiku.jp

ユース・サマーキャンプin富士は、ユース・サマーキャンプin富士株式会社社員教育研究所が主催するスポーツ・ゲーム・料理等のアクティビティを通して、英語本来の楽しさと話せる喜びを実感させることを目的としています。
小学5・6年生と中学生対象で、英語が苦手な子どもが5日間のキャンプ生活により「もっと英語を勉強したい!」と意欲的になり今後の英語学習へのモチベーションが向上したのとの声が上がっております。
主な活動内容はスポーツ・ゲーム・料理のアクティビティの他、富士山の麓で英会話と基本的な礼儀や挨拶を学んだり、皆さんと一緒にロングスピーチを行ったり実践的な英語力を身に付けられる仕組みを整えています。
英語でプレゼンテーションのような機会が沢山あるので、自分の意見を英語で積極的に伝えられる場を用意されています。

将来グローバルに活躍できるようになるためには英会話だけでなく、礼儀や挨拶など日本人としての美徳もしっかり指導していく方針です。

OIC ENGLISH SCHOOL

OIC ENGLISH SCHOOLはOIC English Schoolが主催する

立石 高根木戸にある英会話スクールです。
OIC English Schoolが主催する”OH I SEEウインターキャンプ”は、学んだことを探検心へと変わることを目的としています。
どのような科目においても”楽しんで経験すること”は学習方法において最も効果的で、活きた英語を身に付けるため”日本語NG”と”英語を楽しむ”の2つのコンセプトがこのOH I SEEウインターキャンプにあります。
OH I SEEウインターキャンプは、3日間群馬県内で開催されており、英語を学ぶだけではなく、スポーツゲームなど様々なアクティビティを通して”Fun(楽しみ)”と”Excitement(感動 や 興奮)”を同時体験が出来ます。
短期間であれば通ってみたい方・冬休みを有効に活用したい方・OIC English Schoolにまだ参加したことない一般の方でも気軽に参加することができます。
8月には同じ場所でサマーキャンプも開催されていますので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

DISCOVER JAPAN

Nanbo Discovery Camp

出典:http://discoverjapan.zenfolio.com

Nanbo Discovery Campは、DISCOVER JAPANが主催し

スイミング・シュノーケリング・探検・サイクリング・ハイキング・クッキング・アート・クラフトと幅広いアクティビティが用意されております。

6日間のキャンプ生活を満喫することが出来ます。
潮だまりに生息する貝殻の収集・サイクリングで丘を越えたり、食事の準備・ビーチでのボディーサーフィンなどDISCOVER JAPANしか出来ない真夏のアドベンチャーをアクティブに体感し楽しめることが出来ます。
キャンプ中、子どもたちはお友達と様々なミッションを克服したりお互いに助け合ったりして

切磋琢磨しながら取り組んで信頼関係を築くことが出来ます。
陸地や海の自然を観察・探索することでさらに英語力を向上させることを期待しています。

MLS(モデル・ランゲージ・スタジオ)

MLSのサマースクール

典出:summer-school.jp

MLS(モデル・ランゲージ・スタジオ)は、奈良橋陽子会長が創始した1974年1月から続く老舗の英会話スクールです。
奈良橋陽子会長は、ゴダイゴの”ガンダーラ”や”ビューティフル・ネーム”などを作詞を手がけて広く知られるようになった人物です。
このイングリッシュサマーキャンプは、”英語で生活する2泊3日の国内留学”を目的とし英語のプロフェッショナルの著名人たちが集結し企画を立ち上げたプログラムです。
毎年のキャンプのテーマは異なり、”マジック” “環境問題” “太古の世界”など英単語や自己表現を学び、様々なアクティビティに挑戦しながら英語の実践に取り組んでいます。
他にも、キャンプの醍醐味バーベキューやキャンプファイヤーを楽しめるプログラムが用意されています。
参加する際は幾つかのグループに分かれて、グループ毎に英語圏の外国の先生方がリーダーとして引っ張り、大自然の中でグループ対抗のゲームや発表などのアクティビティを通して、楽しみながらや先生方やクラスのお友達と直ぐに打ち解けられます。

SPORTS CAMP OF AMERICA(SCOA)

SPORTS CAMP OF AMERICA

典出:scoacamp.com

SPORTS CAMP OF AMERICA(SCOA)は、SCOA Summer Sports Campを主催する

“お互いの文化やことばに触れる機会を提供したい”というコンセプトのもとに生まれたサマーキャンプです。
受験対策として英語の勉強で偏りがちな日本の子どもたちのために、本来の英語やコミュニケーションツールとしての楽しさを知っていただくことを目的としています。
SCOAではキャンプ中「TPR(全身反応教授法)」という子どもたちに先生たちの指示を英語で聞かせて、子どもたちがそれに動作や言葉で反応してもらう方法で英語指導を行っています。
スポーツをしながら英語でコミュニケーションをとる方法は、最大限の効果を発揮します。

キャンプ中は共通言語は英語と「ボディーランゲージ」というスポーツタイムを取り入れて本格的アメリカンキャンプ生活を存分に体験出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする